魚に合わせて「動く水槽」

オランダのソフトウェアエンジニア集団「Studio dip」が開発した“動く水槽”。

コンピュータビジョン技術が水槽内の魚の位置を認識し、その動きに合わせて土台部分のタイヤが動く仕組みになっています。

犬や猫みたいに飼っている金魚が自分の後を追いかけてきてくれたら、今まで以上に愛着が沸きそうです。この水槽、残念ながら現在は試作品とのこと。完成しても商用化されるかは不明ですが、ひとり暮らしの家にあったら寂しさともオサラバできそう。

Studio dipは、他にも野菜を置くとレシピを提案してくれるテーブルやARが搭載されたブラックジャックなど、画期的なモノを作り上げています。今後もどんなものを発表してくれるのか、動向が気になります!

© www.studiodiip.com/YouTube
Top image: © www.studiodiip.com
他の記事を見る
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
ある身近なグッズで十分ウロコ取りができる方法をお教えしましょう。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
宅配便の荷物を盗まれた元NASAエンジニアのMark Roberさんは、「Glitter Bomb Trap(グリッター爆弾の罠)」で泥棒にリベンジ!一部...
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
ユーラシアからアメリカ大陸、オーストラリア、アフリカと全世界を駆け抜け、いまだ見ぬ怪魚を狙う。大学卒業後勤めた会社を2年半で退社し、インドで怪魚を釣る喜び...
商店街の衰退が叫ばれている昨今、魚屋も例外ではありません。夕食を焼き魚や刺し身にしようと思った時、魚屋ではなくスーパーへ……という人が多いのでは?そんな中...
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...