フレンチの気鋭シェフが現代の食生活に「干物」をアップデート

自宅で魚料理を食べる機会がどれだけあるだろう。調理するのが面倒、煙やニオイが気になる、骨があるから苦手、理由はさまざま。とかく“手がかかる”の印象が、いつしか食卓から魚料理を遠ざけてしまったのかもしれない。

こうした魚離れの現状にアクションを起こした人物がいる。フレンチ出身の田村浩二シェフ。フランス版ミシュランガイド『ゴエ・ミヨ』において、期待のシェフ賞を受賞した気鋭の料理人だ。

大胆不敵なアプローチ

いま、田村さんが取り組んでいるのは、その技術を活かしながら食の領域の課題解決。魚食の減少に大胆不敵なアプローチでつくりあげたのは、とびきりヘンテコな干物だった。自身も海のそばで育った田村さん。らしい着眼点だ。

現代のライフスタイルに寄りそう新しい干物の在りかたを考え、明治10年から続く真鶴の干物専門店「魚伝」とともにリリースしたのが「アタラシイヒモノ」。キッチンを汚さず、簡単につくれて、脇役ではなくメインデッシュになる干物だ。まったく新しいコンセプトなので、名前もそのまま。

干物といえば、お腹から開いた魚介類を天日や風で水分を蒸発させて乾燥させることで、保存性を高め、同時にうまみを凝縮させた乾物。独特の食感も干すことによって生まれる。

塩汁(塩水)に浸してから干すわけだが、アタラシイヒモノ(金目鯛)は塩汁からしてすでにイノベーティブ。

塩、砂糖、スパイス、さらにニンニクを合わせた調味液で漬け込む。従来の製法では考えられない塩汁こそ、洋風干物の真骨頂。フランス料理で素材の塩漬けに用いる技法“ソミュール液”の応用というわけだ。

アクアパッツァ、パエリア、リゾット
アレンジ自在

塩汁が変われば、調理法も変わる。

フライパンで焼き目をつけ、香味野菜、ハーブ、水を加えて軽く煮込むだけでできあがるのは、あのアクアパッツァ。ほかにも簡単な調理でリゾットやパエリアにも応用がきく。もちろん焼くだけでも酒の肴にもってこいだ。

旅館の朝食という印象はどこへやら。従来の干物のイメージが180度変わる。手軽さも味わいも、本家に引けをとらない。

一尾2,700円(税込)で、3〜4人でも十分楽しめる大ぶりサイズ。伊勢丹新宿店の本館地下1階フレッシュマーケットにて販売中。

まったく新しい干物体験が、クセになる。

Top image: © dot science

関連する記事

ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
フレンチシェフの業界で、これからを牽引するんじゃないかという注目すべき日本人シェフが、パリにいた……。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
“料理で世界を動かす人材”の育成を目指し「辻調理師専門学校」が2021年4月より"日本料理"に特化した新たな学科を新設すると発表。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
持続可能な漁業の普及に取り組む非営利団体「海洋管理協議会(MSC)」が、世界の有名シェフによるサステイナブルなレシピを公開中。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「Instagram」のアップデートにより、プロフィールやストーリーズから料理の注文が可能に。利用者も飲食店の情報をシェアすることで、その店のサポートでき...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
新型コロナウイルスの影響で苦しむレストランを救うべく、シェフと参加者が双方向でコミュニケーションしながら料理を作るサービス「いえつなキッチン」が始動。
4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です) -鳥羽 周作- 小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。