「7万円のコース料理」誕生の裏で苦悩する、これがシェフたちのリアル

世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。

食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で、メニュー開発にもがき苦しむカリスマシェフ、レネ・レゼピ率いる総勢77人のスタッフ。彼らの苦悩の舞台裏を捉えた映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』が明日(12月10日)より公開される。

7万円払ってでも
体験したい料理ってナンダ?

C34cca890e223515ea0fc68476b3cc0f5ad68a5eAe5273d2c45044dd40f357854af93b5b7f76e64f

 北欧に「美食」という意識改革をもたらし、デンマーク経済を変えたとまで言われるノーマが、コペンハーゲンの本店を臨時休業にしてまで、日本で臨時レストランをオープンする。この試みは世界中で大きな話題を呼び、7万円近いコース料理を求めて、およそ6万2,000人がウェイティングリストに名を連ねた…。

と、ここまでの情報は、食のトレンドセッターならずとも周知のことだろう。では、華やかなその舞台の裏で、何が行われていたのか?このドキュメンタリー映画は、プロジェクトが開始された1年半前から、オープン当日までの軌跡を追っていく。

食材を探し歩いた日本列島
「大学にでも通っているようだった」

91cec1320d716ab921b3c236fc574f0397a1f155D4bf650b9d4a1ff6e55c12cde840b98ef4730989

2013年7月、レネはすでに日本にいた。数人のスタッフとともに北海道から沖縄まで、地場の食材を求めて各地を飛び回っていたことを、どれだけの人が知っていたろうか。

もっとも頭を悩ませたのは食材選び」、と映画のなかでレネ自身が語るように、彼らは行く先々で生産者の話を聞き、風土を学びながら味わい、食材を決定していく。ときには、長野県の山へ分け入り、その土地のアイデンティティを自然の中に探し歩く。

自然(Nature)と生命(Life)が息づいた革新的なアイデアで、デンマークとは違う“日本でしか味わうことのできないノーマ”を体現しようと。

まるで大学にでも通っているようだった」、というレネの言葉が印象的に残った。こうして、彼らは修士論文の代わりに厳選した食材でメニューを書き上げていく。

99%の失敗に挑み続ける哲学
「つねに変化し続ける」

2d7e6921cfacaf17981be4cb7f0e59ac9a73ff9f

メニュー開発は、連日夜遅くまで続いた。同じ野菜のはずが知ってる味と違う、プレッシャーが重くのしかかり、カメラの前でも本音がもれる。

数名のスタッフたちによる準備が1ヶ月を切るなか、レネが来日したのはオープンまで残り15日というタイミングだった。太陽の光が届かない地下のキッチンで、ひたすらメニュー開発に挑んできたスタッフたちに、いきなり檄が飛ぶ。自分の限界に挑戦してみろ、と。

8f35aa87c0d76ab02f8c2275a6c830c42047f15f

たとえ99%が失敗に終わろうと、あきらめずに挑み続ける。独創的な料理が生まれる背景には、居心地のいい場所をあえて捨て去り「変わり続ける」ことへの、料理人レネ・レゼピなりの哲学がある。その答えは映画の中で見つけ出して欲しい。

目で“味わう”92分間
12月10日(土)より順次公開

もしも、来年ノーマが再び日本に期間限定レストランをオープンしたところで、よっぽどのグルマンでなければ、さすがに7万円は庶民の財布感覚からは大きく逸脱している。けれど、“目で味わう”ことができるなら話は別。

たしかに映画だから「聴覚」も使えなくもない。ただし、彼らのキッチンには、ガンガンのロックサウンドが流れていることをお忘れなく。これもノーマ流だから。レネの創造力とこちらの想像力の真剣勝負、正直92分があっという間だ。

映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』は、12月10日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBIS GARDEN CINEMAほか全国にて、順次公開予定。

Licensed material used with permission by サニー映画宣伝事務所
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
2017年11月。食文化に大きく貢献した料理人に贈られる、農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のブロンズ賞を初受賞した女性がいます。—— 樋口宏江(...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
話題作『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、シズル感に注目!? 「シズル感」ってことばを知っているだろうか? 料理を映画や本で紹介する時に、臨場感...
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...