「7万円のコース料理」誕生の裏で苦悩する、これがシェフたちのリアル

世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。

食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で、メニュー開発にもがき苦しむカリスマシェフ、レネ・レゼピ率いる総勢77人のスタッフ。彼らの苦悩の舞台裏を捉えた映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』が明日(12月10日)より公開される。

7万円払ってでも
体験したい料理ってナンダ?

 北欧に「美食」という意識改革をもたらし、デンマーク経済を変えたとまで言われるノーマが、コペンハーゲンの本店を臨時休業にしてまで、日本で臨時レストランをオープンする。この試みは世界中で大きな話題を呼び、7万円近いコース料理を求めて、およそ6万2,000人がウェイティングリストに名を連ねた…。

と、ここまでの情報は、食のトレンドセッターならずとも周知のことだろう。では、華やかなその舞台の裏で、何が行われていたのか?このドキュメンタリー映画は、プロジェクトが開始された1年半前から、オープン当日までの軌跡を追っていく。

食材を探し歩いた日本列島
「大学にでも通っているようだった」

2013年7月、レネはすでに日本にいた。数人のスタッフとともに北海道から沖縄まで、地場の食材を求めて各地を飛び回っていたことを、どれだけの人が知っていたろうか。

もっとも頭を悩ませたのは食材選び」、と映画のなかでレネ自身が語るように、彼らは行く先々で生産者の話を聞き、風土を学びながら味わい、食材を決定していく。ときには、長野県の山へ分け入り、その土地のアイデンティティを自然の中に探し歩く。

自然(Nature)と生命(Life)が息づいた革新的なアイデアで、デンマークとは違う“日本でしか味わうことのできないノーマ”を体現しようと。

まるで大学にでも通っているようだった」、というレネの言葉が印象的に残った。こうして、彼らは修士論文の代わりに厳選した食材でメニューを書き上げていく。

99%の失敗に挑み続ける哲学
「つねに変化し続ける」

メニュー開発は、連日夜遅くまで続いた。同じ野菜のはずが知ってる味と違う、プレッシャーが重くのしかかり、カメラの前でも本音がもれる。

数名のスタッフたちによる準備が1ヶ月を切るなか、レネが来日したのはオープンまで残り15日というタイミングだった。太陽の光が届かない地下のキッチンで、ひたすらメニュー開発に挑んできたスタッフたちに、いきなり檄が飛ぶ。自分の限界に挑戦してみろ、と。

たとえ99%が失敗に終わろうと、あきらめずに挑み続ける。独創的な料理が生まれる背景には、居心地のいい場所をあえて捨て去り「変わり続ける」ことへの、料理人レネ・レゼピなりの哲学がある。その答えは映画の中で見つけ出して欲しい。

目で“味わう”92分間
12月10日(土)より順次公開

もしも、来年ノーマが再び日本に期間限定レストランをオープンしたところで、よっぽどのグルマンでなければ、さすがに7万円は庶民の財布感覚からは大きく逸脱している。けれど、“目で味わう”ことができるなら話は別。

たしかに映画だから「聴覚」も使えなくもない。ただし、彼らのキッチンには、ガンガンのロックサウンドが流れていることをお忘れなく。これもノーマ流だから。レネの創造力とこちらの想像力の真剣勝負、正直92分があっという間だ。

映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』は、12月10日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBIS GARDEN CINEMAほか全国にて、順次公開予定。

Licensed material used with permission by サニー映画宣伝事務所
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です) -鳥羽 周作- 小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
2017年11月。食文化に大きく貢献した料理人に贈られる、農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のブロンズ賞を初受賞した女性がいます。—— 樋口宏江(...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...