おやつを手作りする3歳児。ロシアのキュートな「天才シェフ」

 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は神がかったテクニックよりも、むしろ等身大の無邪気な女の子の「好き」が詰まった笑顔にある。

だって、かわいいんだもん。

オーブン、フードプロセッサー、ハンドミキサー、マッシャー。大人サイズの調理器具を器用にあやつり、自分のおやつを作ってしまう、ロシアの天才児Olenkaちゃん。なんと彼女、まだ3歳だという。

お母さんの見よう見まねで始めた料理。それが、動画の中では小慣れた手さばきを披露する。迷うことなく、食材をこねて、ちぎって、カットする。まるでまな板の上がサーカスの舞台のように、材料が飛んだり跳ねたりすることもあるけれど、そんなことはお構いなし。

ほっぺたや鼻の頭に小麦粉が…計算したようについちゃう。それがまたかわいい。自由な彼女の自在な料理は、楽しさで溢れている。

■バナナチョコクロワッサン編

【みどころ】
・迷いない包丁さばき
・自由気ままな綿棒の使い方
・圧巻の完成度の高さ

■グリルドチキンとマッシュポテト編

【みどころ】
・ボウルのふちで器用に卵を割り入れる。
・レモンのカットの仕方。
・ハンドミキサーの使い方。

■プチケーキ編

【みどころ】
・分量なんて気にしなーい!
・てか、なんでその格好!?
・出来上がり?と思ったら…

■ラビオリ編

【みどころ】
・自由奔放な生地づくり
・ちょっと、どんだけ味見するの!?
・製氷皿をラビオリの型に代用するアイデア

Olenkaちゃんのレシピはこんなものじゃない。母親AnnさんのInstagramには、未来のトップシェフのレシピが、それこそてんこ盛り。動画からは「作るって楽しい!」、こんな感覚が画面いっぱいに伝わってくる。

レシピ通りいかなくたって、ちょっとくらい形がいびつだっていいじゃない。楽しまなきゃ。3歳児の満面の笑みに、そう気付かされた思いがした。

 

Licensed material used with permission by ann_poetry
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、スティーブ・ジョブズ、リチャード・ブランソン、ウォルト・ディズニー。学校を中退している「天才」は枚挙にいとまがありま...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
ただ頭がいいだけでなく、天才と呼ばれる人たちには、いくつか共通する特徴があるそうです。
アルベルト・アインシュタインやトーマス・エジソン、パブロ・ピカソ、そしてイチロー。生きた年代も専門分野もさまざまですが、彼らはいずれも「天才」と称された人...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...