「生ゴミ」を絶品イタリアンへと変身させるシェフの挑戦。

ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。

それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日地元の人々で賑わう人気ぶりでもない。

サーブされる料理が、すべて廃棄されるはずだった食材で作られているのだ。

食料廃棄問題に大切な
「人とのつながり」

イタリアでは毎年、約1,080億円相当の食材が、食べられることなく捨てられている。

この事態に危機感を覚えたシェフMassimo Botturaは、ゴミ箱行きになる食材を使って何か行動を起こせないかと考えた。

はじめてアクションを起こしたのは、2015年にミラノで開催された万国博覧会のとき。賞味期限が近づいている、あるいは見た目が悪いなどの理由で捨てられてしまう食材を引き取り、それらを調理して提供することができた。

彼は活動を続け、周囲にサポートをしてもらいながら、使われていなかった劇場を6ヶ月かけてレストランへと改装した。おかげで、一度にたくさんの料理をふるまえるように。

今では食料廃棄問題の取り組みの大切さを世界中に訴え、60人ほどの一流シェフに協力してもらい、日々新しいレシピを出し合っている。

取り組みはここで終わらない。レストラン「Refettorio Ambrosiano」は、スーパーマーケットから出る廃棄物を調理してサーブするだけでなく、ホームレスや地元の人達が食事を囲んで集まり、お互いに会話を楽しむ機会も提供している

「まだまだ食べられるのに、捨ててしまうのはもったいない」

この気持ちから始まったプロジェクトは、2015年の万博からはじまり、今も地域の人々に支えられている。

「Refettorio Ambrosiano」は、食料廃棄問題に対する私たちのあるべき姿はもちろん、それを解決するには人と人とのつながりが大切であるということを教えてくれている気がする。

Licensed material used with permission by Refettorio Ambrosiano
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。“埋め立て...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...