鮮度を長持ちさせる「野菜・フルーツ用シール」

貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの食べ頃が最大で2週間も変わります。

紹介するのは「StixFresh」。見た目はただのシールなのですが、貼るだけで野菜やフルーツの腐敗を遅らせることができます。

シールに使われているのは100%ナチュラルな成分で、ミツロウなどが含まれているとのこと。その成分により、野菜やフルーツが熟すのを遅らせることができ、鮮度を保つ仕組み。

技術流出を防止するためなのか、これ以上の詳細は明かされていません。……だとしても、公開されている動画を見てみれば、その効果は一目瞭然!わずか6秒でも説得力さえ感じます。

食料廃棄問題を解決するために、型崩れなどを理由に売り出されなくなった野菜やフルーツを有効利用する考えも当たり前になりました。方法は違えど、この「StixFresh」を使うことでも、ムダをなくせる可能性がありますよね。

Top image: © StixFresh
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
オーストラリアで発売されている「Savel」は、食品用ラップの代わりとして使える製品。ルックスは違えど、カットしたレモンやライムなどを長持ちさせることがで...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...