鮮度を長持ちさせる「野菜・フルーツ用シール」

貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの食べ頃が最大で2週間も変わります。

紹介するのは「StixFresh」。見た目はただのシールなのですが、貼るだけで野菜やフルーツの腐敗を遅らせることができます。

シールに使われているのは100%ナチュラルな成分で、ミツロウなどが含まれているとのこと。その成分により、野菜やフルーツが熟すのを遅らせることができ、鮮度を保つ仕組み。

技術流出を防止するためなのか、これ以上の詳細は明かされていません。……だとしても、公開されている動画を見てみれば、その効果は一目瞭然!わずか6秒でも説得力さえ感じます。

食料廃棄問題を解決するために、型崩れなどを理由に売り出されなくなった野菜やフルーツを有効利用する考えも当たり前になりました。方法は違えど、この「StixFresh」を使うことでも、ムダをなくせる可能性がありますよね。

Top image: © StixFresh
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事