鮮度を長持ちさせる「野菜・フルーツ用シール」

貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの食べ頃が最大で2週間も変わります。

紹介するのは「StixFresh」。見た目はただのシールなのですが、貼るだけで野菜やフルーツの腐敗を遅らせることができます。

シールに使われているのは100%ナチュラルな成分で、ミツロウなどが含まれているとのこと。その成分により、野菜やフルーツが熟すのを遅らせることができ、鮮度を保つ仕組み。

技術流出を防止するためなのか、これ以上の詳細は明かされていません。……だとしても、公開されている動画を見てみれば、その効果は一目瞭然!わずか6秒でも説得力さえ感じます。

食料廃棄問題を解決するために、型崩れなどを理由に売り出されなくなった野菜やフルーツを有効利用する考えも当たり前になりました。方法は違えど、この「StixFresh」を使うことでも、ムダをなくせる可能性がありますよね。

Top image: © StixFresh
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
果汁工房「Karin」などを展開する果物専門店「青木フルーツホールディングス株式会社」が、フルーツジュースバー&デリ「FRUITS IN LIFE(フルー...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。