「野菜」×「fashion」

これらの写真は、フードスタイリスト薫さんによる「Food On A Photograph」というシリーズ。モノクロ写真の上に食べ物を乗せ、それを撮影し、Photoshopなどの合成は一切しないという、アナログかつシンプルな手法による作品だ。

食材や料理を新しい視点から眺め、ファッションと融合させることで、食べ物の個性を引き出している。このフードへの新しいアプローチが、日本のみならずアメリカでも注目されている。

アクティングやミュージックなど、ポップカルチャーを築いてきたアーティストたちのキュートな表情と、野菜たちの愛らしい色や形が掛け合わさることで、新たなエンターテインメント/アートが生まれている。

これらの作品と通じて、野菜たちの強い個性にハッとさせられるはずだ。

<フードスタイリスト 薫>
CM、広告、雑誌、アーティスト写真集等多方面でフードスタイリストとして活躍するほか、企業レシピ考案なども手がける。

宝石のように色彩豊かな
野菜たち

515062282741350453438570299392005715717445910528616452327473152051120474444267525758826166878208

食材の色鮮やかさや形の美しさをより際立たせるため、あえてモノクロ写真にフードを乗せている。野菜たちの個性に敬意を払っているようだ。

フードスタイリストとして仕事をするなかで、食べ物の色鮮やかさや美しさをより伝える新しいアプローチはできないものかと、何年も思い悩み、考えてきました。世の中にカッコイイ写真はあふれています。けれど、人々がそれに見慣れてきているのも事実。これまでとは異なる方法で、もっと新しい“何か”を見せたいと思ったのです

この作品の着想について彼女はこう語っている。

5989889501822976632177612029952047691282629263366031289631113216

2018年4月13日~4月21日には、ニューヨーク・ソーホーにて全米初の個展を開催する予定だ。そこでは当シリーズ以外にも、シェフの写真の上に料理を乗せる「Food On A Photograph with chefs」という新シリーズも展示するという。

野菜たちの自己表現

彼女の作品に改めて気付かされたのは、当然ながら、野菜にはそれぞれの異なるカタチがあるということ。

植物は、もちろん「生きている」けれど、
僕たちと違い“声”という表現方法は持ち合わせない。
動物のように吠えることも、人間のように巧みに言葉を操ることもない。
微生物のように自由に動き回ることだって難しい。
他力に頼りつつ、あらかじめ決められた場所で根を生やしている。

だからこそ、植物は美しい、と思う。
色彩豊かに、独創的で繊細に、ときに大胆に、そのカタチをつくっている。
それが、唯一の自己表現手段だから。

ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの懸命さに少し気づくことができる。

今日の食卓に供されるであろう野菜たちに、束の間でも目を向けて、彼らの自己表現をしっかりと受け取ろうと思う。

Licensed material used with permission by Kaoru Mitsui, Instagram
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
独断と偏見でピックアップしました。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
無邪気な「発散力」が大事らしいです。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
「永遠の妖精」と言われ世界中で愛されたオードリー・ヘップバーンは、世代を超えた美しさで今もなお多くの人々を惹きつけています。しかし、意外にも当時の彼女は大...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
オードリー・ヘップバーンは、生涯を通してたくさんの人々に愛情を注ぎ、また多くの人々から愛されました。大女優でありながら献身的な心を忘れなかった彼女の行動は...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
演じる作品はどれも名作となり、輝かしい経歴を手にしたオードリー・ヘップバーン。しかし彼女がバレリーナという夢を挫折し、生活のために女優へと転身したことはあ...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...