野菜やフルーツでつくる、風味豊かな「フードカラーリング」レシピ

カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた。アイシングクッキーをつくるときなどの参考にぜひ。

冷蔵庫を早速チェック!

0b9fa224e76286da3238ab7eed5ee7be425ab9059322e0e42f612c58574688ef2743c4eaedc74b7a

市販の着色料と違って、新鮮な野菜の風味が加わるのが特徴だそう。もちろんカラーを濃くするために入れる割合を増やせば、味や香りは一層強くなります。

おおまかにどんな食材を使うのかというと、下記のとおり。

<各種カラーと、必要な素材>
ピンク:いちご、ラズベリー
レッド:ビーツ、トマト
オレンジ:にんじん、パプリカ、さつまいも
イエロー:サフラン、ターメリック
グリーン:抹茶、ほうれん草
ブルー:赤キャベツ+ベーキングソーダ(重曹)
パープル:ブルーベリー、紫いも
ブラウン:コーヒー、紅茶、ココア
ブラック:食用炭、イカスミ

パウダータイプの作りかた

C26da4668e83725bd9f125b44e8d9f4fa293315e

パウダーとリキッドの2種類の作りかたがあります。前者のほうがカンタンで色も濃いめに。

基本的には、カップ一杯のロイヤルアイシングに対して、パウダー状の食品をティースプーン1〜2杯分混ぜてつくります。だまになるリスクを減らしたいときは、同じくティースプーン1〜2杯分程度の水やミルクに溶かしてから入れましょう。

パウダーは買っても良し、フリーズドライのものを使って自作してもOK。フードプロセッサーなどで細かくすればできあがり。

鮮明なレッドをつくるのはなかなか難しいようですが、そこはご愛嬌。食材ならではの個性的な色の濃淡を楽しんでみて!

リキッドタイプの作りかた

0adb667d8be14dfe50b264f1862c79df2638c10e

ジューサーを使ったり、ピューレにするやりかたも。ただし、水の入れ過ぎや加熱で色のバランスが崩れやすいため、くれぐれも要注意です。

以下のレシピは、ピューレでつくる場合の例。

<イエローの作りかた>

カップ1杯の水にティースプーン1/8杯分、ほんのひとつまみ分サフランを入れ、中火にかけてコトコト煮ます。火を消し15分ほどサフランの色が抜けるのを待ちます。

その後、水分を蒸発させてお湯をティースプーン3~4杯分まで量を減らしてから、容器へ移して冷やします。完全に冷えたら、ティースプーン0.5~1杯分をカップ1杯分のロイヤルアイシングに混ぜます。

<ブルーの作りかた>

カップ2杯分の刻んだ紫キャベツとカップ1.5杯分の水を鍋に入れて、中火にかけてコトコト煮ます。火を消し15分ほど風味が抜けるまで待ちます。

その後、お湯がティースプーン3~4杯分まで減ったら、ベーキングソーダをひとつまみ入れます。すると、色がブルーに!完全に冷えたら、ティースプーン0.5~1杯分をカップ1杯分のロイヤルアイシングに混ぜます。

<パープルの作りかた>

カップ2杯分のブルーベリーとカップ1/4杯の水を鍋に入れ、中火にかけてコトコト煮ます。ベリーがくずれたら、ジャガイモ潰し器で潰し、こして、液状にします。

液体がカップ1/4杯に減るまで煮込み、容器に移して冷やしたら、ティースプーン0.5~1杯分を、カップ1杯分のロイヤルアイシングに混ぜましょう。

あとは自由に描くだけ。試してみてね!

Ac4ae1c4161819f4e1fda1ec25c0e16621985031
Photo by Mark Weinberg
Licensed material used with permission by Erin McDowell, FOOD 52
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
カラビナ部分だけじゃなくて、ベルトや糸、キーリングまで色が統一されていて、洒落っ気たっぷり。バッグのハンドルなんかに付けて、アクセントとして楽しむのにちょ...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...