捨て犬の名誉を守る。かわいい「首保護カラー」

犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつかないことに気付きました。

可愛いカラーで
犬たちの魅力を伝えたい

一般的には去勢手術を終えたあと、不用意に手術跡をなめたりしないよう、首の保護カラーが取り付けられます。その姿はどこか可哀想に見えてしまい「本来彼らが持つ魅力が十分に伝わっていないのでは」と、感じたそうです。

そこで彼女は、首に付けているカラーを装飾し、かわいく変身した犬たちを撮影していったのです。

捨て犬たちの
「名誉」を守る

Erinさんはこの活動を「Cones of Fame(名誉のコーン)」と名付けました。

「ここにいる犬は、新しい飼い主にもらわれる前に必ず去勢手術を受けるの。とても重要なことなのに、それによってマイナスイメージが抱かれてしまうのは残念だと思った。

このプロジェクトを通して去勢手術の意味や、彼らが本当はとってもキュートで元気な子たちだってことが伝わったら嬉しいわ」

プロジェクトは大成功で、以前は引き取り手のいなかった犬たちも、次々と新しい飼い主のもとへと引き取られていったそうです。

一匹一匹デザインが違う、個性的なカラーを身につけた犬たち。その姿はとても愛らしく、彼らが本来持つ明るさや優しさを強調しているようにも見えます。

Erinさんは今後も、引き取り手の見つかっていない犬たちのために「Cones of Fame」プロジェクトを継続していくそうです。

Licensed material used with permission by Erin Einbender, (Facebook), (Instagram)
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。