着られなくなった子ども服を「犬服」へアップサイクルし、保護犬へ届けるプロジェクト

“犬たちの未来は、子どもたちの心の中にある”

この「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」は、不要になった古着の子ども服を、子どもたちから直接回収し、国内でデザイン・縫製をおこない、新たな価値としてドッグウェアに再生。子どもたちが「自分が愛用し着られなくなった服」を、自ら犬たちにつなげる体験を味わうことで、物を大切にする気持ちや、犬への愛情が芽生えることを目的にしたものだ。

多くの人たちがつながり、形を変え、そしてできあがった世界に一つだけのサステイナブルなドッグウェアは、一着ごとにスポンサーを募集して販売。最終的には、家族を探す保護犬たちへ届けることを目指しているという。

“誰かにとって必要のない何かは、誰かにとってのたからもの”。

日本人は年間10kgの洋服を買い、9kgの洋服を捨てているという。そんな現状も踏まえて、同時に循環型社会と経済に寄与する仕組みも目指すという本プロジェクトに注目だ。

アップサイクルドッグウェアプロジェクト/enkara

【プロジェクトページ】https://www.enkara.jp/upcycledogwear/ 

Top image: © 2020 合同会社enkara
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
国産食材使用で人間も食べられるカスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」のInstagramアカウントをフォローするごとに、PETOK...
11月1日は「犬の日」。あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「ほっこり話」から胸が締め付けられるような「切ない話」まで、犬たちを今...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...