もしも、子どもと一緒に成長する「服」があったなら…

子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお金もかかるし、まだ使える服を捨てちゃうなんて、環境にも良くない気がします。

でももし、服も子どもと一緒に「成長できる」としたら?

そのコンセプトは、「Slow Fashion for Fast Growing Kids」。

針も糸も使わず
サイズ調整できる服

20センチほど調整できるこの服。

個人差もありますが、だいたい6歳から9歳程度、じつに3年以上着られることに。この時期の子どもは成長が早いことを考えると、驚くべきロングライフです。

サイズ調整の秘密は、ウエストや袖のデザイン。ゴムを出したり、袖をまくったりするだけで、簡単にサイズが変えられるんです。

お直しにも対応

さらに大きなサイズ変更の場合、付属の布地を継ぎ足すことで対応可能。

自分でやってもいいのですが、メーカーも引き受けてやってくれるそう。さすがにもう着られないかも…と思っても、少し手を加えれれば意外と着られちゃったり。

ユニセックスデザインで
性別にとらわれない表現を

もうひとつのポイントは、ユニセックスなプリント。男の子らしさ、女の子らしさに捉われず、自由に自己表現をしてほしい、という願いが込められています。

リバーシブルになっているものも多く、飽きがきにくいのも嬉しいところ。長く使うものだからこその工夫だそうです。

素材まで
環境にやさしい服

ゴミを減らすだけでなく、服の素材自体も環境に配慮されています。染料やインクも、オーガニックなものを使用。

お財布にも環境にも優しいこの子ども服。自分でお直しする楽しさにも気付けそうです。

現在「Kickstarter」で支援を受付中で、アイテムにもよりますが、もっとも安いものだと上下で86ドル(約9,500円)。3年以上着られることを考えれば、お得な気も。

子育て世代が少ないからか、共感の声のわりには、支援目標額にはまだ届いていないようです。たとえ今回のプロジェクトが未達に終わっても「リメイクしながらモノを長く使い続ける心」の大切さは、多くの人に届いたのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by JAKE + MAYA [kids]
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...