ポジティブであり続けるための「7つの方法」。まずは新たな習慣作りから!

毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はありません。
でも、それなら接する情報を取捨選択しましょう。「Higher Perspective」のこの記事には、そんなポジティブであり続けるための方法が紹介されています。今すぐ始められることばかりなので、意識的に取り入れてみて!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee


 

01.
付き合う人を見極める

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

自分にとってマイナスなものを運んでくる人との付き合いはやめましょう。ポジティブになるためには、極力マイナスな存在を避けなければなりません。

02.
情報を取捨選択する

世界で、いま何が起きているかを知ることは大切です。でも、許容できないネガティブな物事を、無理して自分の生活に取り込む必要はありません。怖い映画、残虐的なゲームなどといった自分に恐怖を与える情報は、思考をネガティブにする恐れがあります。情報の選択をしましょう。

03.
新しくポジティブな
習慣を作る

ポジティブになるためには、まずは行動から。イライラしやすいと思う人はまず、そのイライラとうまく付き合う方法を探してください。何か悪いことをしたなと思ったら、その代わりになるようなポジティブなことをしましょう。今までの自分の習慣をなくす必要はありません。ただ、新しく作ってみてください。

04.
とにかく笑う!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

よく笑うことで、気分が明るくなります。おおげさに笑うときがあっても、いいかもしれません。

05.
大切な人とハグをする

ある研究では、ハグが人の気持ちに大きく影響を及ぼすことが分かっています。ただ気持ちが温かくなるだけではなく、免疫力の向上にもつながるのです。CMU Dietrich College of Humanities And Social SciencesのSheldon Cohen教授はこう話します。

「誰かと揉めている人は、そうでない人よりも風邪をひきやすいです。人とのつながりが希薄な人は、不安を抱え、欝になりやすい。実験したところ、人と温かいつながりを持っている人のほうが病気になりにくいということが分かりました。多くの友人がいれば、それだけハグの回数が多いということ。ハグはポジティブに生きて行くためには重要なことなのです」

06.
ホッと一息つく時間を

世の中と、離れる時間を持ちましょう。自転車で遠くまで出かける。週末はビーチでのんびりする。1週間キャンプをしに行く。世の中と離れて、自然と触れ合うことで、自分の気持ちを落ち着けることができます。自然が味方になってくれるのです。

07.
自ら行動を起こす!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

人生をよりよいものにするには、自ら行動を起こすしか方法はありません。ハッピーな人生を送っていれば、これから先の人生、ネガティブな考えなんて飛んでいくことでしょう。自分が変われば、周りもきっと変わるはずです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
ハッピーな人っているよね?「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...