毎日が少しだけハッピーになる「朝の習慣14」

どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作り出すことができれば、もっとハッピーになれるかもしれません。

女性ライターのAlexandra Mullaneさんが「Elite Daily」の記事で提案している、14の朝習慣を参考にしてみてくださいね。

01.
些細な「やさしさ」に
挑戦してみる

C44bff292f40951c56c9cdda3b7ea1b21e1fc035

その相手は、知り合いじゃなくてもいいんです。例えばコーヒー屋さんで知らない人にコーヒーをおごってみたり。じぶんの後ろを歩いている人のためにドアを開けておくことだって、ひとつのやさしさです。たったそれだけで、出会った誰かの1日が良くなるなら、さっそく実行してみたいと思いませんか?

02.
朝のスマホは
ほどほどに

朝起きてすぐにスマホをチェックするのは、やめにしましょう。せっかく気持ち良く目覚めたのに、めまぐるしく更新される情報を目にしてしまうと、休まっ脳がすぐ疲れてしまいます。

03.
支度のときは
好きな音楽でテンションUP

今日はなんだか出かけるのが面倒くさいな…、と思うような朝に効きます。

04.
朝ごはんは、しっかりとる

4a2266b50e063f3f0726d9c0e896d79055b3541b

つい抜いてしまったり、適当に済ませてしまったり…。まずは習慣化することから始めてみましょう。そうすることで、脳もしっかり働いてくれるはず。

05.
目標につながることを
ひとつする

目標とは、大きければ大きいほど、手に届かないように思えるもの。どれだけ必死にもがいても、1日でそこにたどり着くことはできません。だからこそ、忍耐強さも欠かせないのです。

毎日、一歩ずつでもその目標に向かって進んでいくことで、大きな目標も実現できるのです。

06.
鏡に向かって
自分の好きなところを言う

じつはこれ、自信をつけるためにとても効果的なメソッド。そんなバカな...と思うかもしれませんが、とてもポジティブな気持ちが持続するんです。

07.
自分の人生を
褒めてあげる

5fd8a1fb54fd293f470fba41835f2c615ed0bcbb

最近のなかで、自分が「よくできた!」と自信を持って言えることを思い返してみましょう。ときには、自分のことを褒めてあげることも大切ですよ。

08.
「瞑想」を生活に
取り入れてみる

少しの間、スマホやパソコンの画面から離れて、自分の呼吸に集中してみましょう。毎朝少しだけでも瞑想をすることで、心身ともにリラックスできるはず。

09.
文句を言いそうになったら
いったん飲み込んで

不満があるとき、文句を言うのは簡単です。でも、その状況をどう改善できるかに考えを巡らせたほうが、よっぽど自分のためになるのです。

10.
他人を批判しない

多くの人が他人を批判しますが、すべきではないと思っています。自分がされていやなことは、やめるべきでしょう。そうするともっとオープンマインドになれて、世界を見る目が開けるはず。

11.
お気に入りの服は
着たいときに着る

5f2669288cd448b9855b69b7df0a2e5a19ca342a

何も「お洒落が必要な日」が来るまで、お気に入りの服をクローゼットにしまっておく必要はありません。毎日、あなたの気分を上げてくれる服を着るようにしましょう。もしクローゼットにずっと着ていない服があるならば、リサイクルに回してもいいでしょう。

12.
いつ何どきも笑顔で

じぶんの笑顔は周りも笑顔にする、ということを覚えておきましょう。だからこそ、できるだけ多く、たくさんの人にとびっきりの笑顔を振りまいてあげましょう。

13.
周りの人に、褒め言葉を

だれだって、褒められたら嬉しい気分になるものです。まずは、あなたから「褒める」習慣を。

14.
幸せになる権利は
みんなにある

D8f090a1abcd294beb11986b2865462979969255

朝起きて悲しい気持ちのまま過ごす理由なんて、何ひとつありません。幸せになることは、ひとつの選択肢なのです。目標に向けて突き進んで、悔いのないよう、毎日笑顔で過ごすことに専念しましょう。

そうすることで、想像以上に色々なことがうまくいくようになるはずです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
これで朝の習慣が変わるなら…。
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
ハッピーな人っているよね?「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
エンジンがなかなかかかりにくい月曜日にやりがちが、実は仕事の効率を下げていると、ビジネスメディアの「Inc.com」が紹介しています。あなたの月曜日の朝の...
天気の優れない4月の朝、この1日をあなたにとってどんな日に彩るかは、あなたの意志に委ねられていて。大人って自由で、大変だ。人生最後の日だと思って生きるなん...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...