「8つの朝習慣」が、あなたに自信をもたらしてくれる。

気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。

Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活に取り入れて、ポジティブスイッチを入れましょう。

01.
「ネガティブ」なまま
出かけない

朝からネガティブな気持ちだと、モヤモヤしながら一日を過ごすことに…。よくよく考えてみると、必要以上に考え込みすぎてマイナス思考になっていませんか?

頭の中を整理してみると、意外とどうでもいいことに振り回されていることに気がつくことも。一度リセットして、スッキリとした気持ちで出かけましょう。

02.
なんでも
「ポジティブ」に変換する

スタンフォード大学の研究によると、ネガティブをポジティブに置き換えられるように習慣づけることで、脳の働きや健康、そして人間関係まで改善されるそう。

ポジティブシンキングの力、恐るべしです。

03.
通勤時間は勉強する
チャンス

語学の習得は、昇給したときと同じくらいの喜びを感じるのだとか。通勤時間を有意義に使えていますか?

試しに、興味のある外国語を勉強してみてはいかがでしょうか。

04.
自信をもって1日過ごすなら
7〜8時間は眠る

自信がある人とない人の違いは、なんと睡眠時間も影響してくると言います。

アメリカ公立衛生研究所の調べによると、6時間以下の睡眠は自信が低下しやすく、7〜8時間の睡眠をとると自信がつきやすくなる、という結果も出ているそうです。

05.
朝の「自分時間」を
つくる

やらなきゃいけないことに振り回されると、脳もクタクタになります。だからこそ朝は、自分の思うままに動ける時間をつくり、リフレッシュしてから仕事に挑みましょう。

先ほどの研究には続きがあり、8時間以上睡眠をとってしまうとまた自信の低下につながるそうです。寝すぎも良くないので、少し早起きをして「自分時間」をつくってみては?

06.
気分が良くなる
ファッションを

ある調査によれば、服装にこだわると、もっと自分の仕事に自信が持てるようになるそうです。だからといって、ブランド品ばかり身につけて、お給料のほとんどが洋服代に消える…なんて必要は一切なし。

まずは、気分がシャキッとする服を選ぶだけでいいのです。

07.
運動の習慣が
自信につながる

会社と家の往復だけで、運動不足…という人は、まず簡単なエクササイズからはじめてみましょう。健康面のメリットがあるのはもちろん「自信がつく」というのも様々な研究で明らかになっていることです。

すでに日常的に運動している人も、いつもより少し運動量を増やしてみてください。達成することでさらに自信がつきますよ。

08.
落ち込んだ気持ちは
リセットする

上司やクライアントに否定されて落ち込むのは当然ですが、それを一日中引きずっていては、うまくいくこともダメになってしまうかもしれません。落ち込んだときこそ自分を信じて、次に賭けましょう。

Licensed material used with permission by Inc.

関連する記事

健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
天気の優れない4月の朝、この1日をあなたにとってどんな日に彩るかは、あなたの意志に委ねられていて。大人って自由で、大変だ。人生最後の日だと思って生きるなん...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
自分に自信のある人は絶対にやらない「13の習慣」をご紹介。ぜひ参考にして実践してみて。
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
イギリス「ブルネル大学」で心理学講師を務めるレイ・ノーベリー博士は、3730人の被験者を「朝型」と「夜型」に分けて、「UKバイオバンク」から得た脳のスキャ...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
「成功は目標ではなく、考え方と習慣」。こう表現するのは、人気コラムニストのNicola Cole氏。「Forbes」はじめ「TIME」や「THE HUFF...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
エンジンがなかなかかかりにくい月曜日にやりがちが、実は仕事の効率を下げていると、ビジネスメディアの「Inc.com」が紹介しています。あなたの月曜日の朝の...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...