いつも素敵だね、と言われる女性が実践する「朝のキレイ習慣」って?

1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛び出るというプロセスがきっと主流です。

でも、美LIFEクリエイターの長谷川朋美さんはその1日が最高になるかどうかは朝の過ごし方にかかっていると言います。ここでは著書『自分と毎日が輝き出す50の習慣』から、彼女が実践する朝習慣を一部ご紹介♪

「おはよう!今日も最高!」
と言って1日をスタートする

A4833a66522a87b1902199887b69c07696fb5d4e

あなたが発する言葉、耳にする言葉は、あなた自身をつくります。さらに言うと、あなたの思考や視点、感性を創ります。

だから、「だるーい」「起きたくない」「今日は天気が悪くて嫌だな」といったネガティブワードは余計にその気持ちを増幅させてしまい、その日1日がマイナスからのスタートになってしまいます。例えちょっと気持ちが優れなくても「きっと大丈夫、最高の1日にしよう!」と自分に誓えば、そんな視点でこれから始まる1日の出来事に向き合え、どんどんプラスになっていきます。

ベッドで「理想の今日」を
イメージする

私は、毎朝起きて5分間、布団の中でその1日をイメージします。どんな1日にしたいかな?どんな気分で過ごしたいかな?どんな人に会いたいかな?どんな場所に行きたいかな?どんな自分でいたいかな?

あくまでもワクワクすることをイメージするだけで、計画するわけではありません。イメージと計画は別物で、ここで計画までしてしまうと、途端に思考モードになってしまい「あぁ、今日はこれをしなくちゃ、あれもやらなくちゃ」とTO DOで頭がいっぱいになってしまいます。そうではなく、ぼーっと心でイメージするのです。

寝て起きた瞬間は、まだ潜在意識とつながっている時間。幸せでワクワクした気持ちになると、その日1日がずっとそのモードで過ごせるのです。

体の中をクリアにしてから
朝食をいただく

3e4396e741741534e1783807aaa8955c1725da22

私は毎朝起きてすぐにお手洗いに行き、そのあと洗面所で舌を磨きます。どちらも前日の余分なものを落とすという作業ですが、そうして体をクリアにして、はじめてお水を頂きます。よく、起きたらまず一杯の白湯を…なんて言われますが、起きてすぐに飲んだら舌苔(舌に溜まる毒素)も一緒に飲み込んでしまいます。

トイレに行こうと思っていたものも、先に水を入れてしまうと、出す機会を失うことだってあります。起きてすぐに出なかったとしても、少しストレッチや食事をしていると、体に段々エンジンがかかってきます。胃腸が動き出すと蠕動運動が始まって、もよおします。

前の日のものがお腹に残っている状態で新しい食事をとっても、どんどん蓄積されていくだけ。毎朝、排泄してから朝食を摂るというのが理想です。

鏡のなかの自分に
「笑顔」であいさつ

413e911945292b001dade46b1cb69156249363bd

よく、第一印象でその人のイメージが決まると言われますが、自分自身と出会う毎日の第一印象で、1日のセルフイメージは決まるのです。

起きがけに見る鏡の中の自分の顔が、疲れていたりムスッとしていたら、その視覚から入った自分のイメージは1日ずっとついてまわります。毎朝「笑顔」を意識して鏡を見るようにすると、1日のうちで微笑みを意識していられる時間が長くなります。意識が切れると無表情になってしまいますが、すぐに思い出してまた笑顔に戻れます。

それを1日に何度も繰り返していれば、ほほ笑みを作る表情筋が鍛えられて、形状記憶されていくので、いつしか微笑み顔があなたの定番になっていくのです。

通勤の間に
エクササイズを

忙しい女性にとって、仕事の前後や休日にジムに行くのはなかなかハードルが高いと思います。ネイルやマツエク、美容院、習い事、友人との食事など、他にやりたいこともたくさんありますからね。そこでオススメしたいのが、通勤をエクササイズにすること。方法はとても簡単です。

1. まるで頭のてっぺんから足までを串刺しにされているかのように、体の軸を意識する。
2. インナーマッスルに力を入れたら、他の部分、特に表面の筋肉は思いっきり力を抜く。その時、胸を開いて肩甲骨を下に下げて寄せるイメージ。

歩いているとき、電車やバスを待っているとき、車中で座るとき、つり革をつかんで立つとき。通勤におけるすべての工程でこのルールを心がけてください。すると見た目にも美しく見えるので、周りの方からの印象も変わるでしょう。

「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!ここでは、美LIFEクリエイターの...
どんな職業の人でも、1日のうちでモチベーションが下がってしまう瞬間って避けられないと思います。大切なのはスパっと切り抜けられるかどうか、です。ここではその...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
これで朝の習慣が変わるなら…。
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。