周りのみんなも幸せ♪毎日をキラキラさせる「5つのルール」

「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!

ここでは、美LIFEクリエイターの長谷川朋美さんが実践している「毎日が輝きだす」という5つの習慣を、彼女の著書『自分と毎日が輝き出す50の習慣』から厳選して紹介します。

01.
手帳を使って
自分の「TO BE」と向き合う

Bb937af783720340e93ee51a487eda8c503b6cf9

私にとって手帳は欠かせない存在です。ただ予定を書き込むだけの「to do(モノ・コト)」ではなく、その時々どんな自分でありたいか、to doのミッションを通して何を実現したいか、どんな気持ちを味わいたいのか、または与えたいのか。時が移り変わるたびに、どんなステージで、どんなテーマを生きたいのか、など自分の「to be(目に見えない気持ちや感情・自分自信の在り方)」と向き合うためのツールなのです。

もちろん手帳には、1日・1週間・1ヶ月のto doもたくさん書きます。でも、書きながら、見返しながら、必ずそのto doの先にある「to beはなんだろう?」と自問自答します。それを書き込む場合もあります。このto beが全ての原動力になるのです。

02.
迷った時は
「なりたい自分」に
選択してもらう

人生は選択と決断の連続。そしてその選択を「どんな自分がするか」で、未来が変わってきます。私はいつも「今の自分」ではなく、「なりたい自分」に選択させることにしています。

ポジティブな自分、ネガティブな自分、頑張り屋な自分、面倒くさがり屋の自分…。人は誰しも1人の自分では生きていません。いろんな自分がいるのです。自分の状態や状況によって、意図せずさまざまな自分が出てきて、自分で自分に振り回されるときもあるでしょう。それで自己嫌悪に陥って、自分を責めたり、後悔したり…。私にもそんな経験があります。

でも、ある日気づいたのです。そうならないためにつねに自分で自分を俯瞰してみよう、と。それができれば、冷静に目の前の物事を判断できます。ある一面の自分だけで判断しそうになっているときは、急いで「なりたい自分」を呼び覚ましましょう。

こんな場面、なりたい自分だったらどうやって対処するかな?どんな言葉を発するかな?どんな表情や振る舞いや身なりをするかな?など、なりたい自分の視点に立って考えるのです。そんな選択を繰り返していくと、いつしか無意識のうちに、なりたい自分になれている時がやってきます。

03.
足元は1年中
つねに温めておく

C508aace8fc0f49026fb5453ae722d4b93a5dab9

脚は空気に触れる皮膚の表面積が多いことから、寒い時期に素足でいると、脚を通る血液が一気に冷やされます。その冷やされた血液が内臓へと運ばれ、しまいには体全体が冷えてしまいます。

上半身はまだ心臓のポンプが近いので、足元に比べて循環が悪くなりませんが、1日座っていることが多い方や、運動不足の方は、確実に下半身の血流が悪くなっていて、足元が冷えやすくなっていると思います。

足首が冷えて硬くなると、骨盤周りの筋肉も硬くなり、女性の場合は婦人科計疾患の原因にもなります。

だから私は、冬はもちろんのこと、夏場でも家や仕事場など人目に触れないときは、必ずレッグウォーマーをしています。また、旅先や移動中にも必ず持参して、長時間、新幹線や飛行機に乗るときは、レッグウォーマーをONします。そうすると、脚がむくみにくくなります。むくみが生じるのは足元が冷えて代謝が落ち、水分がうまく排出されずに体に留まってしまうからなのです。

04.
イラッとしたら
「吐く呼吸」を意識する

1日中HAPPYで穏やかに過ごせたら最高ですが、悲しいことも、悔しいことも、淋しいことも、腹が立つことだってあります。そんなときに試してもらいたいのが、「吐く呼吸」。

呼吸には自律神経のバランスを整えてくれる効果があり、ネガティブな感情を一瞬で和らげてくれます。興奮状態を抑えたいときや、緊張してしまっているとき、また眠れない夜にも効果的。

さらに、自分自身に「間」をつくることもできます。この何もない余白の時間こそ、自分を見つめ直すチャンスになるので、とても大切なのです。

05.
職場でも外出先でも
目が合ったら微笑む習慣を

C762ad0eed5a653b71b7446a122f6ca7927c9169

欧米に行くと、街行く人や店員さんがスマートに微笑みかけてくれて、心が温かくなります。ヨーロッパでは、すれ違った男性に自然にウィンクをされたりもして、ちょっとドキドキしたり…。

言葉ではない、こうした一瞬のコミュニケーションが、人の心に与える影響って大きいと思いませんか?日本人はこうしたコミュニケーションにあまり慣れていないので「恥ずかしい」と思ってしまうかもしれませんが、してみると意外と気分がいいものです。

自分から微笑みかけるのが恥ずかしい場合、目が合ったら微笑むということを習慣にしてみましょう。職場などでよく顔を合わせる人はもちろん、道行く知らない方でも挑戦してみてください。こうした日常のちょっとしたドキドキ感は、生活にハリを与えてくれますよ。

1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
どんな職業の人でも、1日のうちでモチベーションが下がってしまう瞬間って避けられないと思います。大切なのはスパっと切り抜けられるかどうか、です。ここではその...
生きていると「世の中は平等ではない」と思うこともありますよね。周りは幸せなのに、なんで自分だけ上手くいかないんだろう…と。でも、嘆くより前にやるべきことが...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
周りの人を羨ましがっているだけでは、人生は楽しめません。自分で日々の生活を工夫してこそ、日常がより輝くのです。そこで、ヒントとなるのが「mindbodyg...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
長い人生、ずっと同じ自分じゃつまらない。どうせなら、毎日少しずつ内面を磨いて、より良い自分へと変身しませんか?「Inc.」のライター、Nicolas Co...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
高山都さんも20代前半は心にだいぶムリをしていたそうです。転機は「走る」ことと出会ってから。細かいルールは決めずに、とにかく毎日、それを続ける。近著『高山...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...