健康的な毎日を過ごすためにできる、5つの「ちょっとした習慣」とは?

「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎日に追われて、つい無理をしがちです。

とはいえ、いつまでも無理がきくわけではありません。「Inc.」の人気ライター、Jeff Haden氏がオススメしているという「健康のためにできる、5つの簡単な習慣」をチェックしてみましょう。

01.
毎食20分前に水を飲む

水分が不足している人は多いそうです。と言っても、一気にたくさん飲もうとするのではなく、まずは食事の20分前に水を1杯飲むことから始めてみて。

レストランだったら入ってからすぐに水を一杯飲めばOK。これなら簡単に始められそう。彼は、この方法によっていつもより空腹が和らぎ、食べすぎも防げたそうで、一石二鳥だったとか。軽度でも脱水は気分を落ち込ませてしまうというレポートもあります。コマメに水分をとる習慣をつけておくといいかも。

02.
1日1食は
健康を意識した食事を

すべての食事を完璧に!というのはハッキリ言って難しい。でも、1食なら…。

ランチだけでも健康を意識したものに代えてみるだけでもいいそうです。タンパク質や、不足しがちな野菜・果物をとり入れてみるのがオススメとのこと。健康的な食事は午後もしっかり働くための活力になり、仕事にもいい影響をもたらしてくれるかもしれません。

03.
素早く歩く習慣をつける

健康的で軽めな食事を済ませたら、空いたお昼の時間でウォーキングをしてみる。

15〜20分歩くだけでも十分な運動になるし、ストレス解消にもなるかも。オフィスに戻ったときにも気分がいいはずです。これだったら、わざわざ運動のためにスケジュールを空けなくても日常にちょっとだけ運動を取り入れられます。

04.
人のために何かをする

「情けは人のためならず」と言いますが、誰かを助けることは自分の心の健康や、長生きにまでつながっていると考えられているそうです。ボランティア活動をすることで、コレステロールが下げったーーなんていう研究結果も。

丸一日をボランティア活動に捧げるのは大変ですが、仕事でちょっとお手伝いするくらいだったらどうでしょう?文房具を貸してあげる、荷物を持っている人のためにドアを開けてあげる、といったほんのちょっとしたこと。

自分も相手も、いい気分になれそうですよね。

05.
早めに寝て、早く起きる

人には7〜9時間の睡眠が必要だと言われていますが、なかなか守るのは難しいところ。そこで、思い切り早い時間に寝てしまいましょう。

日の照っている時間に起きていたほうが、体内のビタミンDがたくさん作られるようになります。ビタミンDは自己免疫疾患や感染症などの抵抗力を高めてくれるとも言われています。

できるだけ早寝を心がけて、日の動きとともに活動してみては?

Licensed material used with permission by Jeff Haden

関連する記事

健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
肥満な体型は、体に不健康なのは知られている。では、十分な運動をする肥満な人と、運動をしない標準体型の人は、どっちがより健康的?
自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
イギリスのRoot7が企画・開発を行った冷たい水を入れると色が変わるユニークなボトル「カメレオンボトル」。飲んだ量を視覚的に確認できるので、1日の水分補給...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
この自動販売機では、ドリンク購入前に脈拍数が計測され、その値が高ければ高いほど割引を受けられるという仕組みになっている。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...