どれだけ寝ても疲れがとれない「9つのワケ」

寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかがでしょうか? 日常生活の中で当たり前にしていることが、けだるさや疲れを誘発しているのかもしれません。

このリストでは、予防法も紹介してくれているのでさっそく見ていきましょう。

01.
周りがモノで溢れている

alwaystired_850px_9-600x600

部屋が雑多に散らかっていると、脳を集中させるのは困難。無駄にエネルギーを消耗させてしまうのです。部屋、とくに机のまわりには必要最低限のものしか置かないようにしましょう。

02.
太陽の光を浴びていない

alwaystired_850px_5-600x600

「人は午前中に日光や明るい人工光にさらされ、メラトニンを生成することで、夜眠りにつきやすくなります」(栄養師:M. Nathaniel Mead

私たち人間は、太陽光を浴びることで体内にビタミンDを補充します。そうすることで、体と脳のはたらきが活発になります。

03.
朝ごはんをおざなりにする

alwaystired_850px_7-600x600

朝食は1日の中で最も重要な食事だと聞いたことがあるでしょう?朝食をとらない、またはバランスの悪い朝食は、体に悪影響を及ぼします。

体の調子を整えるために、全粒穀物、少しのタンパク質、そして果物や野菜を含んだ朝食を毎日食べるようにしましょう。

04.
水分が足りていない

alwaystired_850px_11-600x600

あ〜だるいな〜。と思ったら、まず冷水を1杯飲みましょう。一切飲み食いせずに仕事や勉強に集中することからくる疲れは、これで対処できることも。

私たちは、知らず知らずのうちに水分不足になりがちです。

05.
周りにネガティブな人がいる

alwaystired_850px_8-600x600

自身の生活習慣以外にも疲れの原因はあります。

たとえば、常に他人の悪口や文句を言う人と一緒にいるのではなく、ポジティブな人と一緒にいるようにしましょう。ポジティブな人はエネルギーを与えてくれますが、ネガティブな人にはエネルギーを吸い取られてしまいます。

06.
寝る前にスマホやPCを
いじっている

alwaystired_850px_10-600x600

十分寝ているはずなのに、なぜか体がだるい……それ、電子機器を長時間使っていることが原因かも。

スマホやPC、テレビなどの光は睡眠に悪影響を及ぼすことは知っていても、実際にはやめられない人が多いのでは? とにかく、寝る前くらいはデジタル・デトックスすべし!

07.
過度な睡眠

alwaystired_850px_2-600x600

「眠りすぎは体によくない。1日を通して体が活発ではなくなってしまう」と、多くの科学者が提唱しています。

体内のリズムを崩すことになるので、毎日の体のサイクルを管理している脳の一部が混乱状態になってしまうのです。

08.
運動不足

alwaystired_850px_1-600x600

デスクワークだから長時間同じ場所に座りっぱなし……なんてスタイルは体によくありません!(キッパリ)。首の痛みや頭痛の原因となってしまうのです。

運動は、ホルモンのバランスを整え、疲労を解消してくれます。さらに気分転換にも◎。

まずは1日20分間、軽く運動を始めてみてはいかが? どうしてもできない時は、休憩中にストレッチをしたり、なるべく階段を使うようにするだけでもOK。

09.
病気の副作用

alwaystired_850px_3-600x600

アレルギーや花粉、貧血など慢性的病気による症状も疲労の原因に。「WebMD」によると、このような持病を持っている人ほど更年期障害、うつ病、不眠症にかかりやすいのだと言います。

Licensed material used with permission by LittleThings

なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「ストレス」を甘くみてはいけません。なぜなら、日々の生活や人生を狂わせてしまうほどの負の威力を持っていると言われているからです。Elliot Caleri...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
LittleThingsが言うには、夫婦の寝室は分けた方が良い。寝返りがうてる、静かに寝れる、睡眠を妨害されない。心と体を整える睡眠環境に、もう一度目を向...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
寝つきが悪い人は共感できるだろうが、すぐに眠れない夜は「寝よう」と思うことさえストレスに感じることがある。そこで改善するための8つの方法を紹介。翌日寝不足...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Elite Daily」で紹介された不安を和らげるための記事は、今まで読んだものとちょっと違う。11の方法を紹介しているのだけど、私が魅力に感じた最大の...
たまに頭の中にモヤがかかって、何も考えられなくなってしまうことがありませんか?この状態、英語では「ブレイン・フォグ(脳内の霧)」と言うんだとか。ここで紹介...
大ブームになった低糖質ダイエット。挑戦してみたという人も多いのでは? 「低糖質食=ダイエット」というイメージが強いかと思いますが、ダイエット以外にも注目し...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...