あなたは、自分が思っているよりも「疲れている」11のサイン

自分の「疲れのサイン」に気づいていますか?

疲れは知らない間にたまってしまうもの。自分ではまだ大丈夫、と思っていても、予想以上にたまっていることだってあるんです。「Thought Catalog」では、Lauren Jarvis-Gibsonさんが、普段の生活の中からわかる「疲れのサインの見極め方」について紹介しています。いくつあてはまりますか?

01.
行きたい誘いも
断ってしまう

D88e920204a3ffc4399146a5a1c06b3bdf64c4d3

本当は楽しみにしていた誘いでも、直前になって気分が優れないからと、断ってしまうことはありませんか?

好きなこと、したいことができなくなってしまうのは、疲れのサインです。まずは、しっかり休みをとりましょう。 

02.
同じことを
ずっと悩み続けている

あのとき、友達にああ言えば良かった。今日上司が私を失望した目で見ていたんじゃないか。彼がメールを返してくれないけど、何か怒らせるようなことしたっけ…。

ちょっとしたことでもぐるぐると頭のなかで考え続けてしまうのは、疲れのサイン。元気なときなら、そんな小さなことは気にもとめないはずです。

03.
疲れているのに
朝早く起きてしまう

眠っている時間は、脳がその日の情報を処理する時間。睡眠がきちんと取れないと、疲れも取れません。ですが、疲れているときほど、朝早く目が覚めてしまうものです。

心配事や、やらなければならないことがあると、気持ちが落ち着かず眠りが浅くなってしまいます。「眠いのに目が覚めてしまう」ときは要注意です。

04.
つねに最悪の
シナリオを考えている

75a20d7df10377bf0a52ec79ad438b03787f825a

デートでとんでもない失敗をして嫌われるんじゃないか?旅行へ行く飛行機が落ちてしまうのでは?最近体調が悪いけど、これって何か深刻な病気の初期症状なんじゃ?

次から次へと最悪の状況が頭に浮かぶのは、疲れている証拠。

実際にはありそうもないことまで想像してしまい心配になり、何もしないうちからさらに疲れてしまいます。

05.
口に出す前に
何度も考え直す

友だちを怒らせたり、嫌な気持ちにさせたくない、という気持ちが強すぎて、話す前にそれを言ってもいいかどうか、繰り返し頭の中で考えてしまいます。

よく考えてから話すのは悪いことではありませんが、そのせいで友だちとの会話を楽しめなくなっては本末転倒です。気軽に会話を楽しみましょう。

06.
心配されると
さらに心配になる

「大丈夫?」と心配されると、普通なら嬉しいものですが、疲れているときはさらに心配になってしまいます。

「私、人から見て心配されるくらい疲れて見えるの?」と考え込んでしまうのです。声をかけてくれる人がいたら、素直に感謝して休むようにしましょう。

07.
すぐに返事がないと
自分のせいだと思い込む

E4db9c8ee9fcc1195157f3eec0c3ea4fc9513c1c

話しかけた相手からすぐに返事がない。メールの返信がない。

元気なときは気になりませんが、疲れているとこうした些細なことで気持ちが不安定になってしまいます。

相手はちょっと別なことを考えていただけかもしれないし、メールを打つ時間がなかっただけかもしれません。

「相手の言動の原因はすべて自分にある」と考えすぎないことが大切です。

08.
将来のことなんて
何も考えたくない

未来の話をするときはワクワクするものですが、疲れているときは、目の前のことで手一杯。先のことなど何も考えられません。

「将来どうしたいの?」とか「これからもずっとこの仕事を続けるの?」といった質問が憂鬱に感じられるときは、休んだほうがいい合図です。

09.
すぐに他人と比べてしまう

SNSを開けば、あまり親しくない知り合いでも近況を知ることができます。

「この人、もう結婚したんだ」「仕事、楽しそう」「私と同い年なのに、もうこんな大きい家に住んでるんだ」「それにひきかえ私は…」と考え始めたら要注意です。

人は人。何が幸せか、どんなペースで生活するかは、自分で決めることです。人と比べる必要はありません。

10.
ミスをいつまでも
引きずる

とくに仕事でのミスについて、いつまでも自分を責めてしまうのは、疲れているサインです。

ミスは誰にでもあるものだし、重要なのはミスをしたあとです。少し休んで気持ちを切り替え、挽回に努めましょう。

11.
どうしてもベッドから
出られない

5aad5220dbad3ee1413b9f716534c3cc27ffcc36

気力が湧かず、どうしても体を起こすことができなくなってしまったら、疲れは深刻な状態にあります。

早めに家族や職場に相談して、まとまった休養をとりましょう。

Article originally published by Thought.is. Read quotes from us or check out Thought Catalog.

Licensed material used with permission by Thought Catalog
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
鬱病のサインをまとめた記事。どれも日常的に見逃してしまいやすいものばかり。頭の片隅に入れておくことで、自分や大切な人にもしもの事があった場合、早期発見に繋...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
「Elite Daily」で紹介された不安を和らげるための記事は、今まで読んだものとちょっと違う。11の方法を紹介しているのだけど、私が魅力に感じた最大の...
ここに紹介するのは、あなたの幸せを壊すストレスの兆候。もし当てはまっているのなら、もう無視しないで。ストレスと付き合っていくためには、「何が危険信号なのか...
いかに休息を取るか。これは日々を忙しく過ごすビジネスパーソンにとって、永遠の課題。心身ともに疲れた状態では、何事もうまくいかない。ここでは自著『超一流の超...
仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。「Elite D...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
新生活がひと段落し、疲れも出てくる頃。思い通りの人生を歩めているか、疑問に思うタイミングもありますよね。そんな時参考にしたい5つのサインを「Higher ...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...