僕が疲れている人に「マッサージ」をおすすめしない理由【人気ストレッチトレーナー・なぁさん】

在宅のデスクワークが増えた一方で、外出時間や体を動かす時間は減り、同じ体勢を続けた結果、体のあちこちがガチガチのバキバキに。

「そろそろマッサージの予約を取らなくては……」と思っていた時に、ストレッチトレーナー・なぁさんの言葉は、まさに寝耳に水でした。

「体が不調の時、僕はマッサージに行くのをあまりオススメしません。その理由は、マッサージって、その場しのぎだから」。

その代わりになぁさんがストレッチをおすすめしたい理由や効果、実際どのくらいの頻度でやるのがベストなのかを今回は教えてもらいました。

マッサージとストレッチの違いって、「誰かにやってもらうかと自分でやるかの違い」だけだと思ってましたよね?(私だけ?)

マッサージは対処療法、
ストレッチはトレーニングです

人気ストレッチトレーナー・なぁさん、「マッサージは対処療法、ストレッチは筋肉のトレーニングです」
©iStock.com/FreshSplash

マッサージって、揉まれたら気持ち良いし、リラクゼーション効果もあるけど、肩こり改善、腰痛改善に効果があるかといわれたらそれはない。一時的に血流は良くなるけど、根本原因である「骨格の歪み」や、「硬くなってしまった筋肉のケア不足」を解決していないので、体はまたすぐ元の状態に戻ってしまいます。

一方ストレッチは、筋肉を「長くする・柔軟にする」、ある意味トレーニングなんです

でも、筋トレも、はじめの2ヶ月くらいは「筋力」はつくけど「筋肉量」は増えないですよね。ストレッチもそれと一緒。

ストレッチをしたその場では、まず伸張反射(伸ばそうとされる筋肉が切れないように、という信号が脳に送られて、筋肉が収縮する反応)が起こるんですが、20秒くらいでこのリミットが外れて、急に柔軟性が上がるし、1分くらい続ければ、かなり柔軟性は上がります。

しかし、これを3ヶ月くらい続けると、筋肉自体が伸びるんです。伸びて長くなることで、可動域が上がる、つまり柔軟性の高い体が出来上がります。

ストレッチは体づくり。体の不調を根本から改善したいなら、ストレッチをおすすめします。

むくみが取れ、骨格も元通り
見た目もスッキリします

筋肉が長くなったら、女性では見た目も変わる人も多いですよ。

血流が悪いと老廃物や水分がたまるので、むくみます。ストレッチを続けて柔軟な体になると、このむくみが減るので、体重に変化はなくても3ヶ月くらいで明らかにほっそりするんです。

あとは、筋肉は全部骨についているので、硬くなると骨を引っ張り込んで骨格が歪むんです。骨格が歪むと本来つくべき場所じゃないところに脂肪がつく。ストレッチで筋肉が柔軟になれば、骨格が元の位置に戻るので、スッキリ見えるというのもあります。

筋肉を意識するのは「逆効果」
「フォーム」が大事

人気ストレッチトレーナー・なぁさんのストレッチ論
©2020 NEW STANDARD

筋トレをする時に、「筋肉を意識して動いた方が効果が出る」と言われるのは、筋肉は、縮ませることで強化するものだから。意識すると、筋肉は縮むんです。

それに対してストレッチは、筋肉を伸ばすことなので、どこの筋肉を使っているかを意識したら逆にダメなんです。

ストレッチの最中に意識するのは、正しいフォーム

例えば、ももウラを伸ばしたい時は、胸をひざにつけることや体を縮ませるという動きの方を意識して、結果的にももウラが伸びればそれでいいんです。

三日坊主でも良いですよ!

ストレッチは、毎日できれば良いのですが、なかなかそうもいかないでしょう。だったら、週に1回90分、まとめてやってもいいと思います。

もちろん毎日出来そうなら、ちょっとずつやって1週間で計90分

筋トレも、一気に90分やっても、1週間で分割して90分やっても、結果は一緒っていう論文が出ているんですが、ストレッチも同じです。

だから僕は、3日坊主でもいいですよって良く言っているんです。毎日コツコツやるぞ!って意気込んで始めたのに3日でやめてしまっても大丈夫。1週間後にまとめてやればええんちゃうんって。

テレビやスマホ見ながらテキトーで良いです。

目標なんか自己満だからなくて良いです。

ツラくなった時だけ伸ばすでも良いです。

とにかく辞めなければ良いと思います。

続けていけば、トレーニングみたいに、筋肉の質が変わってくるので、こりにくい体質を作っていけますよ。つまり、「こったな」って思う頻度が減るんです。すると自然とストレッチをする時間も減っていく

もちろんそれでも、ハードな仕事をした時は疲れはたまります。

でも、ストレッチを続けたおかげで筋肉が柔らかくなっていれば、その疲れを解消するまでの時間も早くなりますよ。

監修:なぁさん

解剖学を熟知したパーソナルストレッチ専門家。17歳で少林寺拳法の高校日本一、大学では全日本3位に。Twitterでは、元デスクワーカーの経験も活かし、わかりやすいストレッチ動画やストレッチに関する情報を発信。2020年9月からはオンラインレッスンがスタート。効果はもちろん、フレンドリーで相談しやすいキャラも人気の理由。最新刊は『座り仕事の疲れがぜんぶとれるコリほぐしストレッチ』(ダイヤモンド社)。

Top image: © iStock.com/PeopleImages
今日もどこかで、デスクワーカーが泣いている。コロナ禍で急増した「在宅デスクワーカー」が陥っている体の不調を改善するべく、人気ストレッチトレーナー・なぁさん...
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
在宅ワークの普及、外出時間の減少などに伴って、体のさまざまなコリ・ハリに悩む人たちが増加。人体を極めたストレッチトレーナー・なぁさんの、自宅でできるストレ...
お風呂上がりのストレッチについて解説していきます。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
スポーツジムやフィットネスクラブに通う、近所をランニングする、など健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。また、運動前後に欠かせな...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...
現役パーソナルトレーナーが、筋力アップやシェイプアップ、健康維持に役立つトレーニング方法を解説する動画サイト「筋トレTV」。今回は、同サイトに掲載されてい...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
開脚が苦手な人は、股関節の可動域が狭いのが原因。そこで、股関節ストレッチを毎日実践することで、美しい開脚を手に入れることができるそう。運動神経に自信のない...
「もう少し体が柔らかければ…」 YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」には、そんなあなたに向けた効果抜群ストレッチが...
今回は、Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、驚くほど体が柔らかくなるストレッチ方法をご紹介。個人のレベルに合...
股関節は色々な動作を支える大きな関節で、体重を支える、起立する、歩行する、昇り降りする、飛ぶ、など移動の要になります。しかし、1実際はなかなか難しいですよ...