「柔らかい体」になるため、いますぐ禁止したい5つの言い訳

スポーツジムやフィットネスクラブに通う、近所をランニングする、など健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。また、運動前後に欠かせないストレッチも、専門店ができるほど注目されています。

どこでも短時間でできるストレッチは、筋肉の緊張をほぐし、血行不良の改善に役立つので、運動不足の人ほど実践してほしい無理のないエクササイズです。

ここでは、書籍『世界一伸びるストレッチ』から、体が柔らかくなる前に諦めてしまう人にありがちな「言い訳」を見てみましょう。思わずハッとさせられるかも。

01.
「硬いのは生まれつき」

もっとも典型的な「やる前から諦めるタイプ」がこちら。もちろん、骨の形状や関節の構造などにより、生まれつき「可動域」が狭い人はいます。しかし、柔軟性の要素はそれだけではなく、運動神経やケガの有無、生活習慣などでも差が出るのです。

例えば、幼少期からバレエのレッスンを継続している人は、股関節の柔軟性が生涯を通して高い傾向にあり、運動習慣のない人は関節の柔軟性が低下していきます。

また生まれつき体が柔らかい人でさえ、積極的に体を動かさなければ硬くなってしまうことも…。「体が硬いから」と筋肉があまり伸びないような小さな動作ばかりをせず、簡単なストレッチから生活に取り入れて、血行不良の改善をしてみては?

02.
「気持ちよく伸ばせない」

どこを伸ばしても「気持ちいい」のが、正しいストレッチです。「気持ちよく伸びない」という人は、やり方が間違っているのかも。

よくあるのが、ターゲットの筋肉を伸ばしているつもりが、うまく伸びていないというケース。筋肉のつき方や形状は人によって違うので、同じストレッチでも「気持ちいい伸び方」は人それぞれです。

一方向に伸ばすだけではなく、伸ばす方向を変えてみたり、周囲の筋肉の抵抗を緩和する工夫をしてみましょう。マニュアル通りではなく、伸ばし方や角度を微調整して、自分の体に合ったポーズを見つけることが大切です。

03.
「痛くて動けない」

ひざや腰など、体のどこかにつらい痛みを抱えていると、体をひねるような簡単な動きでも縁遠くなりがちです。しかしそういう人こそ、動かせる部分だけでも積極的に動かすべきなんです。

なぜなら、コリ、痛み、疲労などを感じさせるヒスタミンやブラジキニンといった物質は、筋肉の緊張が引き起こす血流の悪化によって生じるもの。筋肉は動かさないと衰えていくばかりなので、血行不良による痛みを解消させることもできません。

痛みが生じたまま伸ばすのはつらいですから、無理のないポーズで筋肉の緊張をほぐしましょう。血行不良を改善すれば「痛み→緊張→痛み」の負のスパイラルから抜け出せるはず。

04.
「時間がない」

仕事や家事が忙しくて「時間が取れない」という人も多いでしょう。そういう人は「ついで」にストレッチをしてみては?

就寝前や入浴中、テレビを見ながら、オフィスで腰をかけているときなど、生活の「すき間」時間にできそうなものを2〜3種類くらいから始めましょう。習慣にもなりやすいので、無理なく続けられます。

とくに入浴中は筋肉が温まり伸ばしやすいので、浮力を利用して普段はやりにくいポーズを試してみるのもオススメです。

05.
「頑張っているのに
柔らかくならない」

「痛みを乗り越えれば柔軟性がアップするはず」と、無理に伸ばしていませんか?

痛みを感じるストレッチは、かえって筋肉を傷つけたり縮ませたりしてしまうことがあります。とくに反動を利用したストレッチは、瞬間的に伸ばされたことで反射的に筋肉が縮もうとするので、かえって柔軟性を低下させます。

せっかくストレッチを続けるなら、しずかに、ゆっくりと、気持ちよく。「強い痛みは感じないけれど、適度な伸び感が得られるストレッチ」がベストです。

『世界一伸びるストレッチ』 著:中野ジェームズ修一

最高のストレッチプログラムは、100の体があれば100通り。定番のポーズでは物足りない人も大満足の、一歩踏み込んだ「最高の伸び感」を多数掲載。本書を参考に「世界一伸びるストレッチ」を体感してみては?

「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
「もう少し体が柔らかければ…」 YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」には、そんなあなたに向けた効果抜群ストレッチが...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
巷に溢れる、間違った体脂肪の落とし方。どれだけ体の歪みを整えても、エステやマッサージをしても、実際に脂肪を燃焼することはできないそうです。それはどうしてで...
littlethings.comから、二の腕を引き締めるために家でできる簡単な8つのエクササイズを紹介。フィットネス・エキスパートのMatt Perfet...
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
今回は、Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、驚くほど体が柔らかくなるストレッチ方法をご紹介。個人のレベルに合...
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
日々のエクササイズを継続させるには、強い精神力が必要。やめてしまったら体型だけではなく、精神的、感情的にもすぐに悪影響が出る。こう、脅しをかけるのはライタ...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...
テレビやSNSでよく話題になる◯◯ダイエット…。けれどそれらは、実は健康に悪影響を与えているかもしれません。そんな間違えやすいダイエット法を、坂詰真二さん...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
ドライブインシアターを日本全国で開催する「Drive in Theater Japan Tour」の第一回が、6月13日(土)に「東京サマーランド」の駐車...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
「猫背の人は実年齢よりも老けて見える」とはよく言いますが、他にも、やる気がなさそうに見えたり、自信がないように見えるなど、とにかく良い印象を与えません。こ...
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
「仕事が忙しくて…」「時間がなくて…」なんて言い訳をするのは、カンタン。でも運動して手に入るスタイルは感動ものです。夏はまだ先、なんて思っていると、あっと...
股関節は色々な動作を支える大きな関節で、体重を支える、起立する、歩行する、昇り降りする、飛ぶ、など移動の要になります。しかし、1実際はなかなか難しいですよ...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。