筋肉は年に1%ずつ減っていく・・・寿命を伸ばしたいなら、今からトレーニングするべき!

筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の講演で伝え続けている久野譜也さん。ここでは彼の著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由』より、その重要性と対処法をご紹介します。

01.
保険や貯金のように
”筋肉”の将来も考えるべき

shutterstock_291041570_2

私たちの筋肉量は30代以降、年1%ずつ減り続けています。筋トレなどの運動をしなければ、10年先で10%、20年先で20%、30年先には30%の筋肉が減るのです。

そうなると、ちょっとしたことで疲れてしまうだけでなく、体が思うように動かなくなったり、腰やひざが痛んだりします。ですから、自分の未来を明るいものにしたいなら、いまのうちに筋肉をつけておくことが必須。

誰もが将来の苦労を減らしたいという気持ちを抱いています。“事故や災害に遭ったり病気になったらどうしよう”という不安があるから、生命保険や損害保険に入るわけですし、“お金で苦労したくない”から、貯蓄や運用をして増やそうとするわけです。

私は「筋肉」もこれと同じだと思います。筋肉もいまのうちに増やしておけば、それだけ後がラクになるのです。さあ、みなさんも未来を豊かにするための”財テク”をするつもりで筋トレをはじめましょう。

02.
自己管理ができない人
=仕事ができない

ニューヨークのエリートビジネスマンにとって、健康面での自己管理は「できて当然のこと」とされています。喫煙者や肥満の人は、もうそれだけで「自己管理ができない人=仕事ができない人」というレッテルをはられてしまうのです。

そういった風潮もあって、彼らは筋トレに対してとても熱心に取り組んでいるのです。ニューヨーカーにとっては、ジムで筋トレするのは日課のようなもの。みんな朝早く家を出て、ジムで汗を流し、シャワーを浴びてからオフィスに出勤しています。

03.
無理なダイエットで
「寝たきり予備軍」に?

ほとんどの人がダイエットの経験があると思います。なかでも、運動を行わず、厳しい食事制限によって減量したという人は要注意。あなたはすでに「寝たきり予備軍」に該当しています。

どうして「食事制限のみのダイエット」が「寝たきり」につながるのか。それは、筋肉がごっそり減ってしまうからです。ダイエットとリバウンドを繰り返すうちに、筋肉がすっかり細り、代わりに脂肪が増えて、両者の割合が本来あるべき姿と逆転してしまうケースもあります。

この筋肉量低下を決して甘く見てはいけません。わたしたちの研究では、「食事制限だけのダイエットを3ヵ月続けると、5%の筋肉が落ちる」という驚きの結果が得られています。これは、通常なら年1%の割合で落ちていく筋肉が、わずか3ヵ月間で5倍も落ちてしまったということ。いかに「ごっそりと筋肉が減ってしまうか」がおわかりでしょう。

04.
座っている時間が長いほど
寿命は短くなる

shutterstock_301229456_2

「座って過ごす時間が長いほど寿命が短くなる」「1日に6時間座っていると、1 日3時間の人に比べて死のリスクが40%増える」
「テレビ、パソコンを1日4時間以上利用すると、死亡リスクが2倍になる」ーー近年、世界各国の研究機関でこうした研究発表が相次いでいます。どうやら、「長い時間座っていること」ほど健康に悪い行為はないようです。

デスクワークをしているときは、頭はさかんに動かしていても、体はほとんど動かしていません。キーボードを打つのに指や腕、目の筋肉は使っているかもしれませんが、他の部位の筋肉活動はほぼ停止した状態。

とくに下半身の筋肉は、座っている間中まったく使われないことになります。ではどうしたらいいか。たとえば、「20〜30分に一度は席を立つ」「1日に1〜2回は社外に出る用事をつくる」など、心がけてみましょう。

05.
現代の筋トレには
「忍耐」も「根性」もいらない

「筋トレ」というと、ものすごく苛酷で厳しいトレーニングを想像していませんか?しかし、まったくそんなことはないのです。現代の筋トレは、いわば「生活科学」です。

人間が生活や活動に欠かせない体の動きを維持するには、どの部分にどれくらい筋肉が必要かについて解明されています。しかも、年齢や体力、目的に合ったトレーニングプランも割り出すことができる。もちろん、運動経験のない女性にも、80歳以上のお年寄りにもふさわしい筋トレがあります。そして、そのトレーニングには「忍耐」も「根性」もいりません。あくまで、「自分にとって必要なだけ」のトレーニングをこなしていけばいいと思ってください。

むしろ、やってみればトレーニングを気持ちよく感じるでしょうし、体が疲れなくなったりラクに動くようになったりするにつれ、どんどん病みつきになっていくことでしょう。

06.
「500円玉貯金」のように
コツコツ続けることが大切

shutterstock_273963584_2

たとえば、毎日500円玉貯金をしていくと、約20ヵ月で30万円にもなります。コツコツと貯めていけば、自分にとってありがたい財産となるわけです。筋トレもこれと同じようなもの。額は少なくてOK。

1日に行うトレーニングは、「最低限の量」で構いません。筋肉に対して効果を上げられる量をキープしつつ、ギリギリの線までハードルを下げて負担を軽くしていいのです。時間にして5分程度でしょう。

とにかく、大切にすべきは「継続性」。筋トレは負荷の高いトレーニングを短期的に行うよりも、負荷が軽くても細く長く続けていくほうがはるかに大事だと思ってください。

筋トレをする人が10年後、20年後になっても
老けない46の理由
コンテンツ提供元:毎日新聞出版

久野譜也/Shinya Kuno

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。スポーツ医学の分野において、サルコペニア肥満、中高年の筋力トレーニング、健康政策などを研究。2002年に「日本全国を元気にする」というミッションを掲げ、大学発ベンチャー「㈱つくばウエルネスリサーチ」を設立。

楽しく筋肉や体幹を鍛えることができるという「メディシンボール」を使ってのトレーニング。この記事では、メディシンボールの意味や種類、メリットについてご紹介し...
建設業界のイメージアップを目的に、「ジムではなく現場で汗を流し、ダンベルではなく鉄骨で鍛えた“なま筋肉”」を題材にした写真集が発売される。モデルは、建設業...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
トレーニング後に筋肉が大きくなる現象「パンプアップ」についてご紹介します。正しい知識が筋トレをより効果的にします。是非参考にしてみてください。
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
宅トレを簡単に、そして無理なくアップグレードできてしまう「トレーニングチューブ」。トレーニングチューブを使うメリットや選ぶ際のポイントもご紹介していきます。
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
「自衛隊肉体総合No.1」を決定する筋肉コンテスト「自衛隊プレミアムボディ2020」が、今年はオンラインで9月27日に開催。自衛官の筋肉トレーニングに対す...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
「マッサージはその場しのぎの対処療法、ストレッチは筋肉のトレーニングなんです」。そう話す人気ストレッチトレーナー・なぁさん。三日坊主でもいい!? 筋肉を意...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
コロナ太りに!自宅で1日たった3分で出来る「ヒップアップトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなど...
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
自宅で1日3分で出来る「バストアップトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集め...