「ケトルベル」とは?ダンベルとは何が違うの?

「程よく筋肉のあるしなやかなボディになりたい!」
「体幹を鍛え基礎代謝を上げたい!」

そんな願いを叶えるトレーニング器具がこの記事でご紹介していく「ケトルベル」です。

この記事では、「ケトルベル」の意味やメリット、ダンベルとの違い、使い方などをご紹介していきます。ダンベルももちろん良いけど、ケトルベルの魅力を知ったら欲しくなってしまうこと間違いなしです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケトルベルとは?

ケトルベル
©iStock.com/Anchiy

「ケトルベル」について、日本発のスポーツ用品メーカーBODY MAKERは以下のように定義しています。

球体に取っ手がついた形状が「やかん(英:kettlebell)」に似ていることからその名がついた、筋力トレーニング用の器具

格闘家やプロスポーツ選手の能力向上、また軍隊でも使われているのだとか。また、ケトルベルは女性にも人気。海外のエクササイズ動画では、おうちトレーニングの定番としてよく登場します。

ケトルベルとダンベルの違い

ケトルベル
©iStock.com/kovaciclea

「重いものを持ち上げるトレーニング」という観点では、ダンベルとよく似ています。ですが、ケトルベルとダンベルのトレーニングには、鍛えられる筋肉に違いがあるようです。

ダンベルは主に上腕二頭筋や上腕三頭筋などを鍛えることに適したトレーニング器具。ですので、これらの筋肉をピンポイントで大きくしたいという方にはぜひオススメしたいアイテムです。

一方、ケトルベルは持つ場所と重りの部分に距離があるため、重りに身体が振り回されるような運動となります。そのため、ケトルベルを持っている腕の筋肉はもちろんですが、全身の筋肉や関節にも刺激を与えることができ、身体全体をつかった運動につながります。

ケトルベルのメリット

01. 体幹が鍛えられる

すでにお話したとおり、ケトルベルは持つ場所と重りの部分に距離があるため、トレーニング時に全身を使います。腕でケトルベルを動かす際には、全身で支えて上げる必要があるので、細かな筋肉まで鍛える事ができるのです。また、体幹を鍛えることは基礎代謝の向上にもつながるので、ダイエット目的でトレーニングをしたい方にもオススメ。

02. 有酸素運動ができる

ケトルベルをスイングさせるトレーニングでは、全身をまんべんなく鍛えることができます。この動きは一般的な筋肉トレーニングよりも続けやすく、有酸素運動としても取り入れられます。

03. 持久力の向上が期待できる

ケトルベルを使ったトレーニングでは、心肺と筋力の両方の持久力の向上が期待できます。持久力を高めることで、疲れにくい身体作りができるので、日頃疲れやすいと感じている人にオススメ。

ケトルベルの選び方

©iStock.com/takoburito

重さで選ぶ

どれだけ筋肉に負荷をかけるかを左右する重さは、ケトルベル選びにおいて非常に重要。重さは4kg〜40kgくらいまでものもがあるよう。

個人差やトレーニングの目的によっても異なりますが、トレーニング用品メーカーBODYMAKERは「女性なら4kg〜8kg、男性なら12kg〜16kg」がオススメだそうです。

重さのあるケトルベルを使用したほうが負荷が増し、身体への刺激は大きくなります。最初から重すぎるものを使うと腰などを痛める危険性も。ですので、軽いものから徐々に慣らながら、負荷を大きくしていってみてください。

1つでお好みの重さにするのではなく、左右別々で持てるように2個持ちしてもOK。

持ち手の太さで選ぶ

長くトレーニングをする際、ケトルベルの持ちやすさは、トレーニングの快適さを左右します。手の大きさはそれぞれ違うので実際に持ってみるのがオススメです。持ち手のコーティングや形なども商品によって少しずつ異なるので、店舗で試してみてくださいね。

ケトルベルの使い方

では、実際にケトルベルを使ったトレーニングをご紹介していきます。基本からピンポイントに効くトレーニングまでオススメを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

01. 基本のフォームを学ぶ

© 筋トレママ YUMI 妊娠中&産後専門フィットネストレーナー /YouTube

こちらはケトルベルスウィングという基本的なトレーニングのフォームについて詳しく解説してくれています。NGについても教えてくれるので、初めてケトルベルを使う方はまずここから始めてみてはいかがでしょうか?

02. お尻を鍛える

© Casi Davis/YouTube

こちらでは、ヒップアップに重点を置いたトレーニングを紹介しています。ケトルベルはスクワットのような動きに負荷をかけるのに適しているので、お尻の筋肉によく効く!

03. 全身を鍛える

© MadFit/YouTube

こちらの動画では、15分間で全身を鍛えるメニューを紹介してくれています。トレーニングはしたいけど、何をしていいかわからないという方は、この動画を流しながら、インストラクターさんと一緒にトレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?ケトルベルをゲットして、ぜひおうちトレーニングを充実させてみてくださいね!

Top image: © iStock.com/Pekic
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
「The Duo Carafe」は、本体に入っている水をコップなどに注ぐ瞬間に熱湯にしてくれる電気ケトル。温度も99℃までなら細かく調節可能なので、いろん...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
先日、フェストフードチェーン「タコベル」のタコスソースが人の命を救うという出来事がありました。
宅トレを簡単に、そして無理なくアップグレードできてしまう「トレーニングチューブ」。トレーニングチューブを使うメリットや選ぶ際のポイントもご紹介していきます。
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポーターの...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
効果的に痩せることができるという「バーピージャンプ」。筋トレと有酸素運動の両方の効果があるのがその秘密だそう。
楽しく筋肉や体幹を鍛えることができるという「メディシンボール」を使ってのトレーニング。この記事では、メディシンボールの意味や種類、メリットについてご紹介し...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
たくましい肩を手に入れたい方にオススメなトレーニングが「サイドレイズ」です。サイドレイズは、姿勢の改善や肩こり解消にも効果があるそう。この記事では、サイド...
ザバスは、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施。その結果、働く女性の36.6%がトレーニングをしているという事実が明らかとなり、さら...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
簡単にトレーニングができるという「バランスボール」。あまりトレーニング経験がない人こそバランスボールを取り入れてほしい理由や使い方についてもご紹介していきます。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...