初心者にもおすすめ、ランニングより効率の良い脂肪燃焼トレーニング「HIIT」とは

運動が苦手だけどダイエットしたいという人には「HIIT (ヒット)」というトレーニングがおすすめ。1日5分からOK、運動後は、なんと24時間脂肪が勝手に燃え続ける夢のようなトレーニングなのです。

驚くかな、多くの女子が悩んでいる「セルライト」だって超スッキリするらしい。

人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未さんの著書『なかなか痩せない人ほど脂肪がどんどん燃える 燃焼系HIITダイエット』の中でも詳しく紹介している、おうちでできるHIITトレーニングの方法やコツをご紹介します。

門脇妃斗未

パーソナルトレーナー。YouTubeInstagram、Yahoo!などで、自宅でできるトレーニング動画を配信。2019年には、DMMオンラインサロンも開設し、ダイエット中の食事の相談なども行なっている。明るいキャラクターと、ユーザーに寄り添う指導が大好評。著書は「なかなか痩せない人程、脂肪がどんどん燃える 燃焼系HIITダイエット/PHP研究所」。愛猫は18歳のオス猫・GOちゃん。

HP:HIIT ME FIT

HIITってなんだ?

©iStock.com/lechatnoir

HIITとは、「High Intensity Interval Training」の略で、20〜60秒ほどの短時間・高強度の運動と、その半分である10〜30秒の休憩を繰り返していくエクササイズ。アスリートのスキル向上のためのトレーニングを研究していた、立命館大学・田端教授のグループが1996年に開発した「田端法」というトレーニングが有名で、その後海外を中心に爆発的に人気になったといわれています。

門脇さんとHIITとの出合いは、かつて海外のフィットネスブログを読んだ時だったそうですが、そこにあった内容はかなりハードでモチベーションが続かなかったそう。

そこで、HIITの仕組みを詳しく理解し、自分のエクササイズメニューとミックスさせたオリジナルのプログラムを確立。以前行なっていたスタジオレッスンにも取り入れてきたこのHIITの中でも、一番効果があり、運動に慣れている人はもちろん、初心者でも自宅で簡単に始められるよう独自にアレンジしたものを、著書の中では紹介しています。

“高強度の運動……”と聞くと少しハードルが高そうに感じますが、ポイントは「短時間」というところ。引き締まって健康的な体になりたい女性はもちろん、じつは初心者の方におすすめのトレーニングなんだとか。

HIITのさまざまな効果
なぜ「痩せる」のか?

©iStock.com/PeopleImages

運動中に筋肉が鍛えられる

脂肪をより効率よく燃やすためには、「筋肉」が必要。

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は脂肪をエネルギーとして燃焼していきますが、これだけでは筋肉を鍛えることはできません。

一方筋肉を鍛えられるのは無酸素運動。しかしハードな筋トレを長時間続けるのは難しいもの。短時間を繰り返すHIITなら、初心者でも筋肉を鍛えやすいのです。

運動後に脂肪燃焼が24時間続く

無酸素運動であるHIITでは、体は強い負荷に対抗して筋肉を傷つけ、修復しようとします。この修復過程で体の酸素供給量が高くなり、運動後は日常生活を送るだけでも有酸素運動をしている時と同じような状態に。これをEPOC(Excess Post-exercise Oxygen Consumption)効果といい、24時間続くといわれているのだとか。

セルライトや皮下脂肪にも効果的

セルライトができやすいのは、脂肪がつきやすく、筋肉が衰えやすい場所が多いもの。

セルライトに効くといわれるようなマッサージ器やエステなど、巷ではいろいろな方法がうたわれていますが、何を試しても効果がなかった門脇さんが、HIITを初めてからは太もものセルライトはほとんど目立たなくなり、お腹の皮下脂肪はみるみる落ちて引き締まった腹筋もうっすら見えるようになったそう。

効果に即効性がある」というのも、HIITの大きな魅力だといいます。

呼吸が深くなり自律神経も整う

呼吸は自律神経と深く繋がっており、浅い状態が続くと肥満になりやすく、睡眠障害や取れない疲れ、不安感、PMSなどを引き起こす場合も。

HIITでは心肺機能が強化され、呼吸が深くなります。しっかり動いた後は体が自然にリラックスモードになり、自律神経も整うのだとか。

食べて痩せる体に変われる

心肺機能が強化されると、心臓から体の末端まで血液、酸素を送る力が強くなって、基礎体温を上げたり、免疫力を高めたり、疲れにくい体を作ったりもしてくれます。基礎代謝量もアップすることで、しっかり食べても痩せる体に変われるのだとか。

HIITをトレーニング初心者
にもおすすめしたい理由

©iStock.com/AleksandarGeorgiev

道具不要、自宅で好きな時にできる

HIITトレーニングに特別な道具などはいりません。自宅で好きな時に、思い立ったらすぐできるから、もちろんノーメイクでも、メイク崩れも気にしなくてOK!

1回わずか5分と、運動時間が短い

門脇さんのHIITダイエットは、6つのコースを紹介していますが、どれも1セット5分(休憩含む)。運動が嫌いな人でも、このくらいなら頑張れそうですよね。

行うエクササイズは動きがシンプル

HIITのメニューに決まりはありませんが、門脇さんのHIITメニューに難しい動きはありません。シンプルでも効率的に効果が得られるエクササイズになっているので、お手本を真似するのが苦手で挫折してしまう人でも大丈夫。

HIITダイエットのやり方と
ルール

20秒動いて20秒休む

基本的に20〜60秒ほどの短時間・高強度の運動と、その半分である10〜30秒の休憩を繰り返していくHIIT。

門脇さんオリジナルHIITダイエットは、20秒動いた後、20秒の休憩。この間に休憩と次の用意もします。

全力で動く

各種目、20ずつ行いますが、この20秒間はできるだけ全力で動きます。

息を強く吐く

力むと呼吸が止まりがち。お腹をへこませて息を強く吐くように意識を。

水分補給する

20秒の休憩中、また運動の前と後には水分補給も忘れずに。

やってはいけない時、やってはいけない人

誰でも、いつでもどこでも始められて、即効性のある夢のトレーニング「HIIT」ですが、妊娠中や妊娠の可能性がある人、体調が優れない人などは行なわず、高血圧や心臓疾患などの持病がある人も医師に相談を。

もちろん、エクササイズの途中で痛みや不調を感じた時も、無理をせずに中断するなどして、楽しくできる範囲でがんばりましょう。

自宅でできる
HIITダイエット

門脇さんの著書では、自宅でできる6つのHIITを紹介しています。

それぞれスクワットやスパイダー、プッシュアップにランジなど、トレーニング経験者には馴染み深く、初心者でも難しくないメニューの組み合わせて構成されており、効果的な方法を、NG例も紹介しながら丁寧に解説しています。

トレーニングやダイエットに関する素朴な疑問に答えるColumnもあって、読んでいるとなんだか勇気付けられたりモチベーションもアップ。

また、YouTubeチャンネル「HIIT ME FIT」では、本で紹介しているエクササイズ「8weeks HIIT challenge」の動画を配信中なので、本の解説と合わせて見れば、よりわかりやすく自宅HIITに取り組めるはず。

「これまでなかなか痩せないと悩んできた人ほどぜひトライしてみて。長い間運動から離れていた人は、自分のペースで大丈夫。その場で“足踏み”からスタートし、始めようと思い立ち上がった自分に感謝しよう」

基本の脂肪燃焼コース

まずは基本の動きを覚えましょう。スクワット、プランク、ジャンプ、テーブルトップリーチの4種。

下半身強化コース

大きな筋肉を狙って引き締まった美脚へ!ランジ・キックバック、ワイドスクワット・ジャンプなど8種。

背中・体幹強化コース

内側から引き締まったラインに!カテピラウォーク、ドルフィン・プランク、エルボプランク・ローイングなど8種。

わき腹集中コース

腰回りの脂肪を燃やして、キュッとくびれたウエストに!スタンディング・ニータッチ、スパイダー、ツイストキックなど8種。

二の腕集中コース

引き締まった美しい腕、脇の下までスッキリ!テーブルトップ・トゥタッチ、シングルレッグ・ディップス、ライイング・プッシュアップなど8種。

全身超燃焼コース

全身の余分な脂肪を燃やす仕上げのHIIT!バウンドスクワット・ジャンプ、プランク・スクワット、マウンテンクライマーなど8種。

YouTubeInstagram、Yahoo!などで、自宅でできるトレーニング動画を配信している人気パーソナルトレーナー門脇妃斗未さん初の著書。現在はDMMオンラインサロンも開設し、ダイエット中の食事の相談なども行なっている。明るいキャラクターと、ユーザーに寄り添う指導が大好評。愛猫は18歳のオス猫・GOちゃん。

HP:HIIT ME FIT

Top image: © Jacob Lund/Shutterstock.com
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
「Ruawalk」は、脂肪燃焼などの目的に合わせて、歩くペースを調節してくれるデバイス。ときに「もっと速く!」などと声をかけてくれるそうです。
「最近なんか太ってきた」と思う方、外出自粛明けまでに痩せましょう!自宅で1日たった3分で出来る6つのトレーニングをご紹介。ヒップアップ、太もも、お腹、二の...
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
家でも外出先でも持ち運びしてトレーニングができる器具「BODYBOSS(ボディボス)」が、在宅勤務になったビジネスマンを中心に需要拡大。筋トレ、有酸素運動...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
YouTubeのトレーニング動画を共有して友だちと一緒にトレーニングできるサービス「co-train.space」が話題。
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ザバスは、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施。その結果、働く女性の36.6%がトレーニングをしているという事実が明らかとなり、さら...