「ムチムチの太もも」を1日3分で引き締めて痩せる方法

パンツスタイルは、太ももがムチムチして見えるからイヤ。

ショートパンツやミニスカートだって着こなしたい!

そんな悩みや希望を持つ女子たちへ。

高いお金を払ってジムの契約をしなくとも、自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」を紹介します。教えてもらうのは、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集めるパーソナルトレーナー・門脇妃斗未さん。動画と解説を参考に、是非チャレンジしてみて。(食事に関するアドバイスや、モチベーションの上げ方の記事なども合わせてチェック!)

今年こそは!今年の夏までには!引き締まった太ももを手に入れるぞ〜〜〜〜。

門脇妃斗未

パーソナルトレーナー。YouTubeInstagram、Yahoo!などで、自宅でできるトレーニング動画を配信。2019年には、DMMオンラインサロンも開設し、ダイエット中の食事の相談なども行なっている。明るいキャラクターと、ユーザーに寄り添う指導が大好評。著書は「なかなか痩せない人程、脂肪がどんどん燃える 燃焼系HIITダイエット/PHP研究所」。愛猫は18歳のオス猫・GOちゃん。

HP:HIIT ME FIT

太ももを引き締めて
痩せるトレーニング3選

回数の表記はあくまで目安。記事下の動画も参考にしながら、正しいフォームで、個人のレベルに合わせた無理のない回数で行ってみましょう。

①「ランジ(左右)」
(所要時間:1分/回数目安:15回)

ランジ
©2020 NEW STANDARD

【やり方】

  1. 両脚を揃えて立つ
  2. 片脚を一歩後ろへ出し、出した脚の膝が床ギリギリに付かないところまで下ろす
  3. 後ろに出した脚を前に戻したら、(2)と反対の脚を一歩後ろへ出し、出した脚の膝が床ギリギリに付かないところまで下ろす
  4. (2)、(3)を繰り返していく

【どこに効いてる?】
大腿四頭筋、ハムストリング、内転筋、大臀筋

【ポイント】
★前脚の膝は、つま先の上にあるのをキープします
★(2)で脚を後ろに下げた時、軸足(前脚)のお尻〜太ももの裏が伸びているのを意識しましょう
★上体を倒しすぎて腹筋が抜けないように注意しましょう
★上体を少し前傾に保ち、重心を前脚にキープしたまま動作すると、太腿の裏、お尻の下のたるみに効果的!

②「キックバック(左)」
(所要時間:1分/回数目安:20回)

キックバック、左
©2020 NEW STANDARD

【やり方】

  1. 両脚を揃えて立つ
  2. 左脚を大きく後ろへ出し、膝を床ギリギリに付かないところまで下ろす
  3. (2)のポジションをキープしながら、前脚(右足)に重心を置き、後ろ脚(左脚)を上に蹴り上げる
  4. (2)のポジションに戻る
  5. (3)、(4)を繰り返す

【どこに効いてる?】
ハムストリング、大腿四頭筋、内転筋、大臀筋

【ポイント】
★(2)で後ろ脚を置いた時に、一緒に後ろ脚に重心が移動しないように注意しましょう

③「キックバック(右)」
(所要時間:1分/回数目安:20回)

キックバック、右
©2020 NEW STANDARD

【やり方】

  1. 両脚を揃えて立つ
  2. 右脚を大きく後ろへ出し、膝を床ギリギリに付かないところまで下ろす
  3. (2)のポジションをキープしながら、前脚(左足)に重心を置き、後ろ脚(右脚)を上に蹴り上げる
  4. (2)のポジションに戻る
  5. (3)、(4)を繰り返す

【どこに効いてる?】
ハムストリング、大腿四頭筋、内転筋、大臀筋

【ポイント】
★(2)で後ろ脚を置いた時に、一緒に後ろ脚に重心が移動しないように注意しましょう

 

Top image: © 2020 NEW STANDARD

\\その他の部位のトレーニングはこちらをチェック//