退屈なデートをするくらいなら、断然「ジム」へ行くべき10の理由

最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?

つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放される唯一の方法、それがジムに行くことだ」と豪語するのは「Elite Daily」のライター、Adam Silversさん。

仕事の連絡や友人からのメッセージも「ジムのロッカーにスマホを入れてたから返信できなかった、ごめん!」で済む話。

01.
ジムはあなたを見た目で
判断しない

初めてのデートは、服や髪型に気合いを入れていたのに、最近は何だかどうでも良くなってきた…。でもジムは、そんなあなたを否定しません。

02.
ジムはぶっきらぼうな態度で
ドタキャンしない

予定を急にドタキャンされるのって、本当に腹が立ちますね。ジムはそんな風にあなたを裏切るようなことはしません。

03.
ジムはお酒を飲みに行くより
ずっと健康的

仕事終わりに彼氏とデートに行って赤ワインを飲む…。それってまったく何の運動にもなっていませんよね。それよりもジムに行って、今よりカラダを絞りませんか?

04.
ジムにいる人は
バーにいる人よりも魅力的

素敵な人を見つけるには、バーへ行くのが一番?いえいえ、ジムにだって魅力的な人がたくさんいます。引き締まった体の人はセクシーだと思いませんか?

05.
ジムは自分のスケジュールで
動ける

デートは相手の予定に合わせないといけないし、さらにそれが退屈だったら、これ以上ないほどうんざりします。ジムは思い立ったらすぐ行けるし、好きなだけ滞在して、自分に合ったトレーニングをすればOK。

06.
ジムは会費さえ払えば
使い放題

デートは出費がかさみます。でも、ジムは会費だけ払えば、あとは使い放題。仕事終わりのジム通いを習慣にしてみるのも、あり。

07.
ジムでは服装を
気にしなくてもいい

ジムに来る人はみんな、運動するために来ています。だから、他の人にどう見られるかなんて、ほとんど気にしなくていいんです。自分が動きやすい服を着て、ストイックに励みましょう。

08.
ジムは
とにかく身体が絞れる

外食すると、どうしても食べ過ぎてしまいます。その時間をジム通いに当ててみましょう。

09.
酔って愚痴をこぼすより
ジムはリフレッシュできる

友人と食事に出かけて、日頃の愚痴を言い合うくらいなら、ジムへGO。エクササイズで汗を流すほうが、気持ちがすっきりするでしょう。

10.
ジムのトレーニングは
モチベーションが上がる

デートのとき、一緒にいるのは彼氏だけ。他のカップルがどんなデートをしているのかなんて、あまり気にも留めません。ですが、ジムは違います。周りには自分よりも一生懸命トレーニングに励む人たちがいて、それを見ると、さらに頑張ろうと思えるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
この8月、フィットネスの定額サービス「mozaiq(モザイク)」がスタート。東京エリアからサービスの提供をはじめ、ユーザー獲得とともにエリア拡大を目指す。
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
家でも外出先でも持ち運びしてトレーニングができる器具「BODYBOSS(ボディボス)」が、在宅勤務になったビジネスマンを中心に需要拡大。筋トレ、有酸素運動...
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
総合格闘家・宇野薫氏がブランドディレクターを務める「ONEHUNDRED ATHLETIC」とフィットネスクラブ「ゴールドジム」がコラボしたアイテムが1月...
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...