退屈なデートをするくらいなら、断然「ジム」へ行くべき10の理由

最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?

つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放される唯一の方法、それがジムに行くことだ」と豪語するのは「Elite Daily」のライター、Adam Silversさん。

仕事の連絡や友人からのメッセージも「ジムのロッカーにスマホを入れてたから返信できなかった、ごめん!」で済む話。

01.
ジムはあなたを見た目で
判断しない

F37f5ff0f7ec6a3cc904baad414e40279471f868

初めてのデートは、服や髪型に気合いを入れていたのに、最近は何だかどうでも良くなってきた…。でもジムは、そんなあなたを否定しません。

02.
ジムはぶっきらぼうな態度で
ドタキャンしない

予定を急にドタキャンされるのって、本当に腹が立ちますね。ジムはそんな風にあなたを裏切るようなことはしません。

03.
ジムはお酒を飲みに行くより
ずっと健康的

Cde6a68d0dcb014a5bfc9051040924d6a2bbc85d

仕事終わりに彼氏とデートに行って赤ワインを飲む…。それってまったく何の運動にもなっていませんよね。それよりもジムに行って、今よりカラダを絞りませんか?

04.
ジムにいる人は
バーにいる人よりも魅力的

素敵な人を見つけるには、バーへ行くのが一番?いえいえ、ジムにだって魅力的な人がたくさんいます。引き締まった体の人はセクシーだと思いませんか?

05.
ジムは自分のスケジュールで
動ける

63f90e18049ccc86cfad68b84408231641dc19f7

デートは相手の予定に合わせないといけないし、さらにそれが退屈だったら、これ以上ないほどうんざりします。ジムは思い立ったらすぐ行けるし、好きなだけ滞在して、自分に合ったトレーニングをすればOK。

06.
ジムは会費さえ払えば
使い放題

デートは出費がかさみます。でも、ジムは会費だけ払えば、あとは使い放題。仕事終わりのジム通いを習慣にしてみるのも、あり。

07.
ジムでは服装を
気にしなくてもいい

ジムに来る人はみんな、運動するために来ています。だから、他の人にどう見られるかなんて、ほとんど気にしなくていいんです。自分が動きやすい服を着て、ストイックに励みましょう。

08.
ジムは
とにかく身体が絞れる

266d9b6e4e4a73b5c03253c9dcd4e2cd2627dc7e

外食すると、どうしても食べ過ぎてしまいます。その時間をジム通いに当ててみましょう。

09.
酔って愚痴をこぼすより
ジムはリフレッシュできる

友人と食事に出かけて、日頃の愚痴を言い合うくらいなら、ジムへGO。エクササイズで汗を流すほうが、気持ちがすっきりするでしょう。

10.
ジムのトレーニングは
モチベーションが上がる

デートのとき、一緒にいるのは彼氏だけ。他のカップルがどんなデートをしているのかなんて、あまり気にも留めません。ですが、ジムは違います。周りには自分よりも一生懸命トレーニングに励む人たちがいて、それを見ると、さらに頑張ろうと思えるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...