あらゆる場所がジムになる。なぜなら、これひとつで75種類のフィットネスができるから

運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエクササイズをするためにはいろいろ器具を買い揃える必要がありますよね。

もしあらゆるエクササイズができるジムが、持ち歩ける大きさになったら…そんな夢みたいな話が実現した!?

え、これが「ジム」?

このDoubleFlexは「総合ポータブルジム」をうたうエクササイズ器具。こんな小さな器具がジム?と思うかもしれませんが、ポテンシャルはあなどれません。

重量1kg!その秘密は
「重りを使わない」こと

畳めばジーンズのバックポケットに入ってしまうほどのコンパクトさもさることながら、画期的なのはその重量。なんと、1kg以下だとか。

これまでのトレーニング器具は、重りを使って負荷をかけるものがほとんどでしたが、「DoubleFlex」は、中心軸から放射状に伸びたゴムによって、最大10kgを超える負荷をかけることが可能。

押すだけではなく
引く動作もできちゃう

頑丈なステンレス製のワイヤーを使った構造なので、押すだけではなく引く動作にも負荷をかけられることも特徴的。

これによって、たったひとつの器具にも関わらず、75種類ものエクササイズができるそうです。

自宅でもオフィスでも
出張先でも

「DoubleFlex」は現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。ブラックモデルは、140ドル(約16,000円)から購入可能。さらに、支援額が達成したら、センサーとbluetoothを内蔵した、アプリと連携できるモデルも発売予定とのこと。

Licensed material used with permission by OYO Fitness, LLC
この8月、フィットネスの定額サービス「mozaiq(モザイク)」がスタート。東京エリアからサービスの提供をはじめ、ユーザー獲得とともにエリア拡大を目指す。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
「Waff」は浮き輪のようなトレーニンググッズ。このエクササイズが効果的かつ楽しそう!
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
littlethings.comから、二の腕を引き締めるために家でできる簡単な8つのエクササイズを紹介。フィットネス・エキスパートのMatt Perfet...
仕事帰りにジムに行ってトレーニング。そんな生活を送っている人は少なくないだろう。でも、クタクタになった後に、栄養バランスを考慮した食事を準備するのはハード...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
何をするにしても、苦しいばかりではなかなか継続できませんよね。もちろん、エクササイズも然りです。でも、ここで紹介するジムのプログラムはとにかく楽しそう!ま...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
ニューヨークでじわじわ増えているのが、フィットネスとしてのボクシングジム。特に暗闇に近い明るさの中、大音量で音楽を流しながらサンドバッグを叩くスタイルが流...
建設業界のイメージアップを目的に、「ジムではなく現場で汗を流し、ダンベルではなく鉄骨で鍛えた“なま筋肉”」を題材にした写真集が発売される。モデルは、建設業...
「FLIGHT 001(フライトワン)」のパッキングバッグは、発色の良いブルーが気分を高めてくれるし、イラストも可愛い。
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...