運動不足を解消!「オンラインフィットネス」まとめ

新型コロナウイルスによる影響でますます需要が高まっているオンラインフィットネス

「やってみたいけどいろんな種類があって、結局何を選んだらいいかわからない......」

「自分に合った形のフィットネスサービスを選びたい!」

そんな風に思っていらっしゃる方も多いのでは?ここでは、オンラインフィットネスの選び方とおすすめサービスを紹介します。

オンラインフィットネスとは?

オンラインフィットネスとは?
©iStock.com/filadendron

「オンラインフィットネス」とは、オンライン上で受けるトレーニングやヨガなどのレッスンのこと。

コロナ禍ということもあり、リモートワークで仕事をする社会人の方や、ステイホームで運動不足の方に人気が集まっています。

オンラインフィットネスの種類

オンラインフィットネスには、ライブ形式とオンデマンド形式の2種類があります。

ライブ形式

決められた時間にオンラインに集合し、トレーナーやインストラクターと一緒にライブ形式でフィットネスを行うタイプ。リアルタイムで講師に質問したり、指導してもらえるというのが特徴です。

オンデマンド形式

ストックされた動画コンテンツを視聴しながら、一人でフィットネスを行うタイプ。好きな時間に自分のペースで利用できる、動画なので見逃したところや、もう一度見たいところを何度でも確認できるというのが特徴です。

オンラインフィットネスのメリット

続いて、一般的なスポーツジムと比較した際の、オンラインフィットネスのメリットについて紹介します。

メリット01. 自由度が高い

まず1つ目のメリットは、時間や場所を選ばずいつでもどこでもできる自由度の高さ。

身なりを整える、特的の場所に移動するといった手間と時間を節約できるため、忙しい方や育児や介護などで家を離れられないという方も生活に取り入れやすいというのが魅力です。

メリット02. メニューが豊富

2つ目のメリットは、フィットネスのメニューが豊富な点。

オンラインフィットネスと一口に言っても、筋力トレーニングやヨガ、ストレッチやピラティスなどその種目はさまざま。リアルで通うとなると、物理的に通える範囲は決まりますし、選べるフィットネスの種類はエリアや店舗に依存してしまいます。ですが、オンラインフィットネスなら、自分の目的や趣味嗜好に合わせてサービスを選ぶことが可能。複数のサービスを試してみて、より広い選択肢の中から自分にあったものを選んでみてください。

メリット03. 料金が安い

3つ目のメリットは、料金が設定がリーズナブルな点。

オンラインフィットネスは、店舗費用や常駐スタッフの人件費が削減できる分、リアルのジムやスタジオに通うよりも料金が安く設定されていることが多いです。料金面でお財布にやさしいというのも、オンラインフィットネスが選ばれる理由と言えるでしょう。

オンラインフィットネスのデメリット

メリット多そうなオンラインフィットネスですが、デメリットはあるのでしょうか?

デメリット01. オンライン環境の整備が必要

まず1つ目のデメリットは、オンライン環境を整える必要があること。

ビデオ通信や動画の再生を滞りなく行うには、大容量の通信環境を用意しておくことが重要です。また、PCやスマホ、タブレットなど端末も必須。もしこれらが整っていない場合、オンラインフィットネスを行うことは難しいでしょう。

デメリット02. 習慣化に工夫が必要

2つ目のデメリットは習慣化がしづらい点。

決まった時間に生放送されるライブ形式ではなく、ストックされた動画を見ながら行なうオンデマンド形式のトレーニングは、自由度が高い分、習慣化しづらいというデメリットがあります。途中でダラけたり、3日坊主にならないよう、目標を決める、だれかと約束して一緒にやるといった工夫をしてみるといいかもしれません。

デメリット03. 正しいフォームの習得が困難

3つ目のデメリットは、正しいフォームの習得が困難な点。

リアルの場合、レッスンの方針や受講人数の多さでも変わってきますが、あらゆる角度から見本となる講師を観察できたり、講師から直接フォームを修正してもらったりと、画面上よりも立体的かつインタラクティブなレッスンを受けることができます。しかし、オンラインではそこまでのクオリティを求めるのは難しいのが現状。とはいえ、今後のテクノロジー進歩によってこのデメリットは解消できる可能性が高いです。

おすすめのオンラインフィットネス3選

オンラインフィットネスの種類
©iStock.com/Valerii Apetroaiei

ここではいよいよ、おすすめのオンラインフィットネスサービスを紹介します。月額5000円以内で始められるサービスをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

01.  SOELU

オンデマンド形式とライブ形式で自分にあったレッスン方法を選べるサービスです。コンテンツはヨガやピラティスがメイン。ガシガシ鍛えるというよりも、1日の始めや終わりにリラックスしたい方におすすめです。利用料は月額980円(税別、割引適用時)〜。

『SOELU』
公式サイト:https://www.soelu.com/

02. LEANBODY

オンデマンド形式で、有名講師や多様なジャンルのトレーニングを受講できるのが特徴です。人気コンテンツには、一斉を風靡した「ビリーズブートキャンプ」の最新版「令和版ビリーズブートキャンプ」も。楽しくトレーニングをしたい人におすすめです。利用料は月額980円(税別)〜。

『LEANBODY』
公式サイト:https://lp.lean-body.jp/

03. 30.f(サーティフィット)

ライブ形式で少人数のグループレッスンが受けられるサービス。オリンピック選手などを担当したプロのトレーナーたちが、ビデオ通話でリアルタイムにやり方やフォームをレクチャーしてくれるのが特徴です。パーソナルトレーニングまではいかないけど、本格的な指導を希望する方におすすめ。利用料は月額4800円(税別)〜。

『30.f』

公式サイト:https://30-f.tokyo/

まとめ

新型コロナウイルスの影響を受けてリモートワークやステイホームが日々の生活に馴染みつつある近頃。運動不足やコロナ太りが慢性化する前に自宅でトレーニングする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

Top image: © iStock.com/RyanJLane

関連する記事

インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
Instagramで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。Women's Health、 IGNITE LIVING、prAna JapanのIns...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。ホットヨガスタジオLAVA、B-life、Wellness To Go by ArisaのYo...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
24時間年中無休のフィットネスジム「1/3rd Fitness(ワンサードフィットネス)」で、日本初となるミラー型のオンライントレーニング用デバイス「Fi...
海外で人気を集めるオンラインフィットネスPeloton(ペロトン)。エアロバイクやトレッドミルを駆使したサービスで本格的なトレーニングができると話題に。利...
4月6日よりサービスがスタートした「GenoFitness」は、遺伝子検査とそれに基づくオーダーメイドのオンラインフィットネス動画が、月額9,98...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
暗闇ボクシング・フィットネスとして話題の「b-monster」が、3月27日(金)より期間限定で無料配信中。人気パフォーマーのプログラムを自宅でおこなうこ...
この記事では、あなたの職場の上司や友達、恋人の隠れた腹黒さをチェックする心理テストを『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から3問厳選してご紹...
効果的に痩せることができるという「バーピージャンプ」。筋トレと有酸素運動の両方の効果があるのがその秘密だそう。
宅トレを簡単に、そして無理なくアップグレードできてしまう「トレーニングチューブ」。トレーニングチューブを使うメリットや選ぶ際のポイントもご紹介していきます。
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
家でも外出先でも持ち運びしてトレーニングができる器具「BODYBOSS(ボディボス)」が、在宅勤務になったビジネスマンを中心に需要拡大。筋トレ、有酸素運動...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
猫の日だけど、「トレーニング」も、「猫」も諦めきれない人へ。猫も登場して、癒されながら運動ができる最高の動画をご紹介します。「ひなちゃんねる」「HIIT ...
肥満な体型は、体に不健康なのは知られている。では、十分な運動をする肥満な人と、運動をしない標準体型の人は、どっちがより健康的?
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか?今回はこのデッドリフト筋を鍛えるべき理由をご紹介します。
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
世界的なSM女王が開発した体を縛っておこなう「縛ヨガ」のスクールが開校。効果が出やすいふくらはぎを縛ることで一旦血液の流れを止め、内臓に血液がまわり、脂肪...
「BEAURIT」は、どこでもピラティスができ、一台で筋トレ、姿勢矯正、ストレッチの効果が期待できるトレーニングアイテム。チューブバンドを2倍の長さに伸ば...