宅トレに最適!「トレーニングチューブ」のメリットと選び方

「宅トレ」が習慣になってきたとき、次のステップとしてトレーニングの相棒に取り入れてみてほしいのが「トレーニングチューブ」。毎日の簡単なトレーニングにこの「トレーニングチューブ」を取り入れるだけで、程よく負荷をかけながら全身を効率良く鍛えることができます。

この記事では、トレーニングチューブを取り入れるメリットや選び方についてご紹介していきます。ぜひ参考にして、宅トレをレベルアップさせてみてくださいね。

トレーニングチューブとは?

©iStock.com/g-stockstudio

トレーニングチューブとは、トレーニングの際に負荷をかけるために使われるゴム製のチューブのこと

ダンベルやトレーニングマシーンと使用用途は同じで、筋肉に負荷をかける運動を意味する「レジスタンストレーニング」をサポートするために使われます。簡単な動作するときに、適当な箇所にトレーニングチューブを装着することで、「ゴムを伸ばす」という負荷が筋肉にかかり、トレーニングを効果的にするのです。

また、トレーニングチューブには、ゴムの材質が固いものから柔らかいものまでさまざまな商品が取り揃えられています。選び方については後ほどご紹介するので、お好みの伸ばしやすさのものを選んでみてくださいね。

トレーニングチューブを使うメリット

01. 手軽さ

トレーニングチューブは、安いものだと1000円以下から販売されており、手軽に購入が可能です。負荷や用途の異なるトレーニングチューブをいくつか用意し、トレーニングしたい箇所に合わせてチューブを使い分けるなんてことも。

また、使わないときには、コンパクトに折りたたんで収納ができるため、トレーニングマシーンのように場所を取って困るということもないでしょう。空き時間に取り出してすぐに始められるので、旅先でのトレーニングにもオススメです。

02. 負荷の調整が可能

前述したとおり、トレーニングチューブは手頃に購入することができるので、複数持ちがしやすいのも嬉しいポイント。負荷や用途の異なるトレーニングチューブをいくつか用意し、トレーニングしたい箇所に合わせてチューブを使い分けるなんてことも簡単にできます。

03. 筋力がない人にもオススメ

「今まで筋トレをしてこなかったからうまくできるか心配......」という人にこそオススメなトレーニングチューブ。筋トレと聞くと、きつそうな印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、トレーニングチューブを使えばストレッチ感覚で簡単にできてしまいます。脚を開いて閉じるだけの簡単な運動も、トレーニングチューブを取り入れるだけで、無理のない、けれどしっかりと負荷のかかったトレーニングに変わるのです。

トレーニングチューブの使い方

両手や手と足、両足などに引っ掛けて、伸ばすように使うのがトレーニングチューブの主な使い方。ここでは動画をもとに使い方について説明します。

背中をスッキリさせる

© あんちゃんねる /RETIO BODY DESIGN/YouTube

なかなかお肉が落ちづらく、厄介な背中。トレーニングチューブを使えば、そんな背中も効果的にスッキリさせることができるんです。細かいポジションなども丁寧に教えてくれます。

二の腕をスッキリさせる

© HITOMI BodyMake/YouTube

こちらはヨガの要素も取り入れた、二の腕のトレーニング。体の角度など細かいところまでをレッスンしてくれます。筋トレというよりもストレッチに近いので、楽しく続けられるはずです。

全身を鍛える

© GymRa/YouTube

こちらは全身をまんべんなく鍛えられるよう、さまざまな動きが紹介されています。それぞれの動きは非常に簡単なので、取り組みやすいトレーニングです。

トレーニングチューブ選びのポイント

©iStock.com/martin-dm

ここからはトレーニングチューブを購入するときに気を付けたいポイントについてお話していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

01. 形で選ぶ

トレーニングチューブの形は、チューブの形と持ち手の有無から選択することができます。

チューブの形状は、細いチューブ状のものとバンド状の幅のあるものの2つ。細いチューブ状のものは、結んだりなどしてトレーニングの幅が広いのが特徴。バンドタイプは幅が広い分、安定感が出やすく、初心者でも取り入れやすいのが特徴です。

また、チューブが輪っかになっているものとそうでないものがあり、トレーニングしたい位置や方法によって使い分けができます。輪っかになっているタイプは両脚などに引っ掛けるだけでトレーニングすることができ、輪っかになっていないタイプは手で握る、または結んで使うことが可能です。

02. 負荷で選ぶ

トレーニングチューブを選ぶ際に最も注意したいのが、ゴムの強度。この強度が、トレーニングにかける負荷を決めます。初心者が強度の強いものを使ってもトレーニングにならないし、上級者が強度の弱いものを使っても物足りなく感じてしまいます。多くの商品には、そのチューブの強度がどれくらいなのかが表示されているので購入の際はぜひ参考にしましょう。

トレーニングチューブは折って2重にすることで強度を調節できるので、もし迷ったら、弱めの製品を買ってみてもよいかもしれません。また、複数セットで売っているものもあるのでまとめて強度の違う何本かを手に入れてみるのも1つの手。

03. グリップの有無で選ぶ

輪っかになっていないタイプには、プラスチックなどでできた持ち手がついている製品もあり、チューブを手で握ってトレーニングされたい方はこちらがオススメ。手を傷めずにトレーニングができます。ただし、折り曲げての強度調節ができないので注意が必要です。

トレーニングチューブのオススメ6選

トレーニングチューブの魅力をお伝えできたところで、ここからはオススメのトレーニングチューブをご紹介していきます。今回は、初心者でも使いやすくオンラインで購入できるものをピックアップしてみました。ぜひ参考に!

01. THEFITLIFEのゴムバンド

©ザフィットライフ・ジャパン

こちらはTHEFITLIFEの幅が広いタイプのトレーニングチューブです。厚みの異なった6本がセットで販売されており、組み合わせて使うことで負荷を5から77kgに調整することができます。「トレーニングは始めたばかりだけどゆくゆくは本格的に......!」という方にも長く使っていただける商品です。

【販売サイト】https://www.amazon.co.jp/dp/B0799HR5KL
【販売価格】999円(税込)

02. La-VIEのビューティーリングバンドセット

©株式会社ジョイナス
©株式会社ジョイナス

自宅でも取り入れやすいトレーニング・フィットネス用品を多く扱っている、La-VIEのトレーニングチューブ。2つの大きさと負荷の異なったトレーニングチューブがセットで販売されており、トレーニング部位や方法によって使い分けができます。かさばらず、持ち運びも楽々なのも嬉しいポイント。

【販売サイト】https://www.joinus1980.com/SHOP/3B-3013.html
【販売価格】980円(税込)

03. MIZUNOのセラチューブ

©ミズノ

こちらはスポーツ用品ブランドMIZUNOが販売しているトレーニングチューブ。切ってよし。結んでよし。の自由の幅が非常に広いトレーニングチューブです。さらに、強度も4つから選ぶことができます。

【販売サイト】https://www.mizunoshop.net/f/dsg-498857
【販売価格】1320円(税込)〜

04. D&M

©株式会社D&M

サポーター、筋力トレーニング、リハビリなどさまざまな目的に合わせた商品を展開しているD&Mのトレーニングチューブ。6サイズ展開なのでトレーニングに合わせお好みのものを選んでいただけます。もし迷ってしまったときも、公式サイトに鍛えたい場所別のオススメトレーニングチューブがまとめられているので安心。なんと、「トレーニング実践者の満足度1位」*の実績も持っています。

*実施委託先:日本トレンドリサーチ 2020年4月実施:サイトのイメージ調査

【公式サイト】https://www.dmsupporter.jp/
【販売サイト】https://www.amazon.co.jp/-/en/THERABAND-Training-Tube-Type/dp/B006CDCM00/ref
【販売価格】1650円(税込)〜¥2750(税込)

05. La-VIEのボートレ

©株式会社ジョイナス
©株式会社ジョイナス

こちらLa-VIEの手足を引っ掛ける場所がついたタイプのトレーニングチューブ。使い方は、それぞれの装着部分に手足をセットし、伸ばすだけと非常に簡単。座った状態でも、立った状態でも利用できます。背筋や二の腕、腹筋、脚と前身を鍛えることができる優れものです。

【販売サイト】https://www.joinus1980.com/SHOP/3B-3068.html
【販売価格】1480円 (税込)

06. THEFITLIFEのトレーニングチューブ

©THEFITLIFE

THEFITLIFEの持ち手付き紐タイプのトレーニングチューブ。0、15、20、25、40ポンドの5本のトレーニングチューブを組み合わせて最大110ポンドまでの負荷調整ができます。それぞれのチューブの金具にお好みの持ち手をカスタマイズ。本格的にトレーニングしたい方も大満足の商品です。

【販売サイト】https://www.amazon.co.jp/dp/B078YKY23F
【販売価格】2390円(税込)

まとめ

宅トレを簡単にアップグレードできてしまうアイテム「トレーニングチューブ」。ぜひご購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Top image: © iStock.com/martin-dm
インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
楽しく筋肉や体幹を鍛えることができるという「メディシンボール」を使ってのトレーニング。この記事では、メディシンボールの意味や種類、メリットについてご紹介し...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
数々の有名アスリートがトレーニングに使っていたことでも知られる「一本歯下駄」のトレーニングDVDが今年9月に発売予定。通常の体幹トレーニングや筋トレでは届...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
効果的に痩せることができるという「バーピージャンプ」。筋トレと有酸素運動の両方の効果があるのがその秘密だそう。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
「最近なんか太ってきた」と思う方、外出自粛明けまでに痩せましょう!自宅で1日たった3分で出来る6つのトレーニングをご紹介。ヒップアップ、太もも、お腹、二の...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。