道具不要!「バーピージャンプ」はメリットだらけ!

「バーピージャンプ」はダイエット効果が高いトレーニングとして知られています。

この記事では、バーピージャンプとはなにか、そのメリットややり方についてご紹介。正しい知識を身につけて、日々のトレーニングに活かしていただければと思います。

バーピージャンプとは?

©iStock.com/diego_cervo

バービージャンプとは、筋トレと有酸素運動両方の効果を期待できる全身を使ったトレーニング

お家でトレーニングをしたいと思ったときにまず思いつくのは、腕立て伏せやスクワットではないでしょうか?この2種類のトレーニングの要素とジャンプを組み合わせたのがバービージャンプです。お尻や太ももの筋肉を中心に全身の筋肉を鍛えることができます。

部活動などでも取り入れられるトレーニングですが、本格的な格闘技のトレーニングでも取り入れられることも多くあります。

アメリカの生理学者ロイヤル・H・バーピー博士が考案したことがこのように呼ばれるようになった由来です。

バーピージャンプのメリット

01. 基礎代謝の向上

前述した通り、バーピージャンプでは筋トレと有酸素運動の両方の効果を期待できます。その中でも、基礎代謝の向上に効果的だといわれているのは筋トレの要素。筋肉量が多いほど基礎代謝を高めることができるといわれているのです。また、バービージャンプで鍛えることのできるのは、お尻や太ももと比較的身体の中でも大きな筋肉なので、代謝アップが期待できます。

02. 脂肪燃焼効果

 

有酸素運動には脂肪燃焼効果があるといわれています。有酸素運動は脂肪を燃料としてエネルギーを作り出します。特にバーピージャンプでは、筋トレの効果によってエネルギー代謝が良くなっている状態なので、ダイエット効果が期待できるのです。

▼参考記事はこちら▼

03. 持久力の向上

やったことがある方はご存じの方も多いと思いますが、バーピージャンプはちゃんとやるとなかなかきついトレーニングでもあります。その分トレーニングを正しいフォームで続ければ、持久力を高めることも可能。疲れにくい身体を作ることができます。

バーピージャンプの注意点

バーピージャンプは、手軽な反面激しいトレーニングでもあります。そのため、トレーニングに慣れていない方は、身体を故障してしまう可能性もあります。ですので、正しいフォームを学び、しっかりと準備運動をしてからおこないましょう。無理も禁物です。

また、マンションに住んでいる方は注意が必要です。バーピージャンプは名前の通り、ジャンプをする動作はトレーニングに含まれています。そのため、床に着地する際のトなどが近隣トラブルを招く可能性も。マンションにお住みで心配な方は、つま先を床から離さないでトレーニングをやるのがオススメです。

バーピージャンプのやり方

以下では、リアルスタイルフィットネスクラブが提唱する「バーピージャンプの基本的なやり方」を紹介します。

  1. 足を肩幅に広げる
  2. スクワットのように、腰を落とす
  3. 床に手を付け、そのまま一気に腕立て伏せの体勢になる
  4. 足を一気にまげ、しゃがんだ状態になる
  5. ジャンプして一気に、1のときの姿勢に戻る

動画の中では、各体勢のときに気を付ける姿勢やそのときに意識すべき筋肉などを細かく解説してくれています。怪我をしないためにも、一度動画を見て勉強してみてくださいね。

01. 基本のフォームを学ぶ!

© -monster channel/YouTube

こちらでは、基本的なバーピージャンプのフォームについて細かく丁寧に解説されています。バーピージャンプをトレーニングに取り入れる際は、今一度こちらの動画で基本のフォームを学んぶのがオススメです。

02. 一緒にカウントしながらトレーニング!

© 美コア / Erika Yamaguchi/YouTube

基本のフォームが覚えられたら次は実践。ただ、トレーニングに集中していると、カウントは忘れてしまいがちなもの。この動画では、3分間のバーピージャンプをインストラクターが一緒にカウントしてくれます。一緒にすることで、モチベーションアップも期待できるかも!

03. HIITに取り入れる!

© 【ダイエット動画】slim/YouTube

この動画では、バーピージャンプを取り入れたHIITトレーニングを紹介しています。HIITの短時間のトレーニングとインターバルの時間をカウントしながら、ポイントを説明してくれます。1ヶ月で身体を引き締められるとか!?

まとめ

バーピージャンプがダイエットにオススメな理由についておわかりいただけましたでしょうか?正しいフォームをしっかり覚えて挑戦してみてくださいね。

Top image: © MilanMarkovic78/Shutterstock.com
宅トレを簡単に、そして無理なくアップグレードできてしまう「トレーニングチューブ」。トレーニングチューブを使うメリットや選ぶ際のポイントもご紹介していきます。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
腹筋を自宅で効果的に鍛えることができるという「腹筋ローラー」を使ったトレーニング。この記事では腹筋ローラーを使ったトレーニングのメリットや腹筋ローラーのメ...
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。
数々の有名アスリートがトレーニングに使っていたことでも知られる「一本歯下駄」のトレーニングDVDが今年9月に発売予定。通常の体幹トレーニングや筋トレでは届...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
楽しく筋肉や体幹を鍛えることができるという「メディシンボール」を使ってのトレーニング。この記事では、メディシンボールの意味や種類、メリットについてご紹介し...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
アメリカ発「トレーニングマスクVENT」は、花粉やウィルスの侵入をブロックしながら、呼吸筋へ負荷を与えてトレーニング効果を上げてくれる最新の呼吸筋トレーニ...
ジムやトレーニングに多くのお金を費やしてきた僕が、たどり着いた答え。それは、不自由を開放する、自由を手にするための自宅自重トレーニング。お金も機材も一切不...