ぽっこり下っ腹を撃退!「レッグレイズ」の正しいやり方

ダイエットをしているとき、食事制限をしても、ランニングをしても、上体起こしをしてもなかなかお肉が落ちない厄介者"下っ腹"

そんな下っ腹に効果的なトレーニングがこの記事でご紹介していく「レッグレイズ」

お家で簡単にできる自重トレーニングです。レベルアップしたい方にはマシンやトレーニンググッズを活用してもOK。ただ、トレーニングには注意点もあります。ぜひこの記事を参考にスッキリとした理想のお腹を目指してみてくださいね。

レッグレイズとは?

©iStock.com/courtneyk

レッグレイズとは、その名前の通り「脚(leg)」を「上げる(raise)」運動のこと。仰向けに寝た状態で、両足を付け根から持ち上げるトレーニングのことです。持ち上げる際に、下腹部に強い負荷がかかるため、ぽっこりお腹の引き締めに効果があるといわれています。

やってみると、「あれ、簡単じゃん」と思われる方もいるかもしれませんが、それは間違った方法でやってしまっている合図の可能性も。レッグレイズは正しい方法でやらなくては、下腹部に負荷をかけることができません。まだ筋力が少ない方は、無意識に負荷が別の場所へ逃げていってしまうことがよくあるので、正しいフォームを意識してトレーニングすることが重要なのです。

レッグレイズの効果

レッグレイズは、脚に効果があると思われがちなトレーニングですが、すでにお話したとおり「下腹部」に効果のあるトレーニングです。

お腹痩せのトレーニングにはお腹の上の方を鍛えるトレーニングと下の方を鍛えるトレーニングがあります。「腹筋を鍛える」と聞いてイメージされやすい上体起こしはお腹の上の方の筋肉に負荷をかけることができるトレーニング。対して、レッグレイズはお腹の下の方(骨盤周り)に負荷をかけることができるトレーニングです。そのため、下っ腹のお肉を撃退するのに効果的といわれています。また、骨盤まわりの筋肉が強化されるため、姿勢の改善にも◎。

レッグレイズのやり方

ここでは、パーソナルジム「BOSTY」の提唱する、レッグレイズの正しいやり方を紹介します。

【レッグレイズのやり方】
1.仰向けになり、両足を伸ばす
2.両手を下腹部、もしくはお尻の下に置く
3.お腹に力を入れ、膝は軽く緩め、両足を上げる
4.足を遠くに下ろしていく

トレーニングの際に、腰と床の間に隙間ができないようにするのがポイントです。どうしても隙間ができてしまう場合は、この後紹介する、ビギナー向けの動画を参考に始めてみてくださいね。筋力がついてきたら、両足を上げるやり方をマスターしていきましょう!

レッグレイズのオススメ動画4選

01. 筋力に自信のないビギナー向け

「正しいやり方を守ってやってみているけど、どうしても腰が浮いてしまう......」という方は、こちらのトレーニングから始めて見るのがオススメ。筋力に自身がない方でも取り入れやすく、負荷も逃げにくいです。

02. 正しいフォームを動画で学びたい方向け

こちらの動画では、正しいフォームについて詳しく解説してくれています。また、レッグレイズをやっているとだんだん下に移動してしまうという悩みの原因と解決策も紹介してくれます。

03. レッグレイズを含んだメニューを知りたい方向け

こちらの動画では、レッグレイズを含んだ10分間の下腹部を鍛えるトレーニングメニューが紹介されています。レッグレイズの基本的やり方はすでにマスターし、割れた腹筋を目指したい方にオススメの動画です。

04. ジムのマシンでレッグレイズをしたい方向け

自重トレーニングではもの足りない。ぽっこりお腹の改善というよりは、腹筋を割るためにトレーニングをしたい。そんな方は、ジムにあるマシンを取り入れてみるのがオススメ。動画内では、トレーニングの際のポイントなども紹介されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

レッグレイズをする際に大切なのは正しいやり方を守ることです。回数や時間にこだわるのではなく、まずは丁寧にトレーニングをこなすところから始めてみましょう。

Top image: © iStock.com/undrey