耳を傾けておきたい。人生を安定飛行する「節約タイプ」の声

Elite Daily」に寄稿する女性ライターBrittney Kniesさんは、30代の頃に2度ほど真剣な交際を経験したものの、その両方がお金の問題で破談になったのだとか。

金銭問題で別れが来るのは悲しいことですが、実際にそういうカップルが多いのも事実。「大事なのは愛」とは言っても、愛が経済的な問題まで解決してくれるわけではありません。

パートナーとちゃんとした関係を築きたいのなら、お互いの金銭感覚や経済状況を共有しておくことは不可欠です。今や貯蓄家になったというBrittneyさんが、忘れてはいけない「4つの考え」をまとめています。

01.
本当に欲しい物のためなら
じっくり待つ

38ab8186e834dd38140580ba41b0e994d9f2c4b2

ミレニアル世代の人って刹那的な快楽を求めるって言うけど、貯蓄家はじっくり待つことで自分のほしいものが手に入る、ということも知っています。

たとえば、新車を購入するためにローンを組んで、価値が下がっていくことがわかっているものにお金を払い続けるようなことは避けているんです。なぜなら、お金をドブに捨てるようなものだから。

買い物をするのは、ちゃんとその金額を払えるだけの余裕が出来てからでも遅くありません。今すぐ欲しいからって、無駄なお金を払うことは得策ではないのです。

02.
節約中も
お金を使う楽しみは忘れない

確かに節約が好きなんですが、度が過ぎると「何がなんでも自分の貯金額を増やさなきゃいけいない」っていう脅迫観念にとらわれることがあります。お金を稼ぐ目的のなかには、お金を使う楽しみも入っているはずですが、ついそれを忘れがちに。

だからこそ、貯蓄型の人は「お金を使ってもいいんだ」って誰かに思い出させてほしいって思っています。旅行をしたり、大好きなバンドのライブに行ったり、価値のあることにはお金を使う、という気持ちを忘れずに。

でもそれと同時に、浪費型の人には自分と同じ考えを少しでも共有してほしいとも思っているんです。お互いの考え方を知って、バランスが取れるのが一番。

03.
経済的な安心感は
本当に大切

お金を貯める一番の理由は、やっぱり経済的な安心感がほしいからです。何かあったとき「お金がまったくない」っていうのは大問題。浪費型の人が、緊急時のことを何にも考えずに、Appleの新作とかをどんどん買っていると、見ていてドキドキしちゃいます。

「綱渡りの生活でも大丈夫」って言う人もいますが、私たちはそういうタイプではありません。

たとえば、家財が壊れたときの修理代とか、子どもの教育費とか、老後のお金とか…。そういうお金の心配をせずに生きられたほうが良いと思いませんか?

04.
すべては将来のため

0ced766bfda799f2fd0d5dc413baaf2c1d298c7f

どうして、こんなふうに一生懸命お金のことばかり考えているのかと言ったら、それはふたりの将来をより良いものにしていきたいからです。もちろん、かっこいい車とか家とか、最新のスマホとか、そういうものがあったら楽しいはず。私だって欲しいって思います。

でも私は、日々のお金の心配をしなくて済むとか、貯めたお金で年に1回は旅行に行く、っていう生活を選んだんです。確かに、もう少し色々なモノに囲まれた生活も素敵だけど、より良い未来が待っているって思ったら、私はそっちのほうが理想だから。

「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるの...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
老後のために生きる人のことを、「老人」って呼ぶの。 貯金をしていた頃の私は、どこか気が狂ったようだった。いつも不安で、人生を謳歌する時間を失いながら、通帳...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
浪費癖が染み付いてなかなかお金が貯まらない、という人たちに。世界に名を馳せる「成功者」たちの倹約術をご紹介。彼ら、お金をまったく使わないっていうんじゃない...