「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」の5つの違い

「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?

収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる習慣を身に着け、日々それを実行している人のこと。

「贅沢はしていないつもりなのに、なかなか貯金できない…」と悩む人は、お金が貯まらない人にありがちな習慣が染みついてしまっているのかも知れません。では「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」の習慣とはどう違うのでしょうか?

01.
先に貯金?後に貯金?
毎月の貯金方法による違い

【お金が貯まる人】

給料天引きで毎月決まった額を貯金している

毎月確実に貯金ができる人は、たとえ手取りが少なくても給料が振り込まれたらすぐに貯蓄分を別に取り分け、残ったお金で生活するようにしています。「要るものは要る」と無計画に買い物をするのではなく、「決まった金額に収められるよう生活の方法を工夫する」、という考え方で生活をしています。

【お金が貯まらない人】

毎月できるだけ節約をして、余った分を貯金に回している

これは誰でも一度はするであろう決心ですが、挫折して終わった人も多いはず。
「できるだけ」節約、「余った分」を貯金というあいまいな決心はなし崩しに終わってしまうもの。

02.
目的別に分けている?
貯金口座の違い

【お金が貯まる人】

貯蓄用の口座を、生活用の口座とは別に作っている

毎月の貯金分は、貯蓄専用の別口座を作ってそこに移します。貯蓄用の口座はなるべく金利のいい銀行を調べて決めています(一概には言えませんがインターネット銀行は比較的金利がいいようです)。そして貯蓄用の口座は、あえてキャッシュカードを作らないなどして、容易におろせないように工夫をしています。

【お金が貯まらない人】

銀行の総合口座で普段の生活費と貯金をひとまとめにして管理している

銀行の総合口座で、生活用の普通預金と貯蓄用の定期預金を一緒に管理すると便利ですよね。けれど、貯蓄を比較的簡単に崩せてしまうことが欠点。ピンチの時に当座貸越という、簡単に言えば定期預金を担保に借金ができるシステムも容易に利用できてしまうので、本気で貯金をしたいと考えている人には不向きと言えるでしょう。

 

03.
欲しいものは我慢する?買ってしまう?
買い物をするときの違い

【お金が貯まる人】

本当に欲しいものは計画を立てて買う

どうしても欲しいと思うものは、ぜいたく品であっても我慢せずに購入します。節約に励む日々を潤してくれるものは「心の必需品」だからです。お金が貯まる人は、本当に欲しいものがあれば購入資金を月々積立て、計画的に手に入れるもの。

【お金が貯まらない人】

生活に必要がないものは我慢、一切買わない

出費をとにかく切り詰める一方で、生活していると人間いつかは爆発し、反動でひどく無価値な浪費に走ってしまいがちです。または日常生活の中で「自分へのごほうび」と称して小さな浪費を繰り返してしまうことにつながります。心当たりのある方は、お金の使い方にメリハリをつけましょう。一見生活に必要がないものでも、全てを我慢する必要はありません。

04.
最も差がつく?
普段のお金の使い方の違い

【お金が貯まる人】

小さなお金を大切にし、無駄な出費をしない工夫をしている

お金が貯まる人ほど、ATMの手数料をできる限り払わない工夫をしています。ATMが手数料無料である時間を把握する、または毎月使う現金の額を決めておいてATMは月一度だけしか利用しないようにするなど、工夫すればATMの利用料は容易に節約できます。

【お金が貯まらない人】

日々忙しくてATMからお金を引き出す時間を気にしたことがない

ご存知のように、ATMは時間によっては手数料がかかります。「そんなお金、かかってもほんの数百円だし」とあなどってはいけません。一度預金通帳を開いて「手数料」の金額を合計してみてください。結構な額に驚くはず。

 

05.
部屋を見れば、貯まり具合がわかる?
家の中の違い

【お金が貯まる人】

断捨離を過去に一度は実行している

断捨離の効力は、ただ家がきれいになるだけではありません。持ち物と真剣に向かい合うことで、自分に要るものと要らないものを明確にすることができるのです。断捨離をした後は自分に本当に必要なものが分かるようになるので、ムダ使いがなくなります。やったことがない人は是非一度体験してみてください。予想外の効果に驚くはず。

【お金が貯まらない人】

家の中が雑然としていて整頓しきれない

欲しいと思った物をどんどん買っていけば所持品は増える一方。すると、当然整理整頓が難しくなって自然と家の中が雑然としてきます。どれもこれも一度は欲しいと思った物のはずですが、今改めてその物を手に取ってみましょう。それは今でも欲しいと思える物ですか?その場の感情でつい買ってしまった、本当は買う必要のなかった物ではありませんか?

お金が貯まらなくて悩んでいる人は、これまでの自分の考え方をひっくり返す勇気を持ちましょう。お金が貯まる習慣の中には面倒くさく思えるものもあるかも知れません。それでも、毎月確実に通帳の預金額が増えてゆけば、その数字があなたに与えてくれる高揚感は想像以上。

その幸福感を体験してみてはいかがでしょうか。