お金を貯めるのが目的ならオススメしない貯金箱

欲しいものを買うために、少しずつお金を貯めていくのが楽しい貯金箱。

でも、自分と葛藤してなかなか貯められない貯金箱を見つけました。

我慢できない衝動…

パッと見た感じ、シンプルな貯金箱です。

ん?透け感がありますね……。

ちょっと近づいて見ましょう。

なんでしょう、この模様。障子みたいですね、破けそう。

ということは、もしかして……

ポスッ

あ……。

ああ……!

取り出すタイミングは
いっぱいになった時じゃないかも

その名も『ポス(equalto)』。張り直し用の和紙が一枚ついてくるあたりに、思いやりを感じます。

ポスっと指で穴を開けるのが気持ちよさそうな、この貯金箱。中がいっぱいになった時に、指が刺さるのかは疑問ですが。

穴を開けたい衝動にかられた時が、取り出すタイミングかも知れませんね。

Licensed material used with permission by KONCENT
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
巷ではコストコのアンモボックス(弾丸箱)も収納グッズとして人気のようですが、シャビーでミリタリーな雰囲気を部屋にプラスするならこっちでしょう。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
タブレット端末のようなこのアイテム。じつは世界最薄の弁当箱。プラスチックフリー社会実現のために開発された「MolaBox」です。
「CHEESE PRINTER(チーズプリンター)」と記されたこの箱、先にネタばらしをすると、実はただの空箱なんです。商品の概要が記された裏面を見せてから...
ハンガリー政府は、出生率の低下が深刻化したことを受け、不妊治療を無償化していく方針を発表した。
世界初のクラフトコーラ専門店・専門メーカー「伊良コーラ(いよしコーラ)」の総本店が、2月28日(金)、東京・下落合にある工房の隣にオープン。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
老後のために生きる人のことを、「老人」って呼ぶの。 貯金をしていた頃の私は、どこか気が狂ったようだった。いつも不安で、人生を謳歌する時間を失いながら、通帳...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
11月29日、オランダ発のインテリアブランド「EICHHOLTZ(アイホールツ)」が、国内初のオンラインショップ&ショールームを神戸北野坂にオープンする。
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。