インテリアとして使いたい「スケボーデッキ」

カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、その仕上がりは川の水面をそのまま切り抜いたみたいです。

これにトラックとウィールを取り付けて派手なトリックをキメるというよりは、インテリアとして使いたいですね。傷つけるのがもったいない!と思ってしまいそうだし。いや、そもそも耐久性があるのかは分かりません(笑)。

Danielさんが本当に力を入れているのは、デスクなどのインテリア製作。だから、飾りたくなるようなデッキを生み出せたのかもしれませんね。彼の作品のほとんどは売り切れ状態ですが、直接コンタクトを取れば、あなただけのインテリアを作ってくれるとのこと。

Top image: © Driftwood Works
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
2020年1月17日までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約販売をおこなっている「Elos」。2016年にカリフォルニアで生まれたコ...
11月23日(土・祝)、日本最大級のキッズ・スケートボードコンテスト「FLAKE CUP」が開催。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。