インテリアで充電する「絡まない」生活

昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。

たとえばこの「COMPOSITION」のように、インテリアとしての機能を兼ね備えた製品なら、食指が動くんだけどな。でも本当、言われない限り充電器なんて思えないですよね。

充電器であることを忘れそう
インテリアにとけ込む充電器

どれも、SamsungがサポートするCreative Squareでデザインされたワイヤレス充電に対応したプロダクト。

テーブル、トレイ、鏡、スピーカー、時計、本来ならばそれぞれの用途があるものに、スマホの充電機能も付随させてしまおう、というのがコンセプトだそうです。たしかに、スマホが横に置いてあっても、まず充電しているとは見えないんですよねぇ。

種明かししちゃうと、トレイ部分にバッテリーが内臓。こちらはケーブルでの充電が必要ですけどね。で、充電が完了したらまたトレイの下に。

流行りのワイヤレス充電機能で、もっと生活をシンプルにという感覚、これからのインテリア可能性を感じさせてくれます。

カラーもいろいろ
カスタムすれば自分好みに

色付きのものもあり、自分でカスタムして楽しむことも。インテリアとして馴染みすぎて、結果、充電器だって忘れちゃいそうですけどね。

Licensed material used with permission by designstudio PESI
デザイナーズアイテムを販売する「LEXON」から、充電しながら除菌もしてくれるスマートフォン充電器が登場。スマートフォンを内部に置くと、充電がおこなわれる...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
約5,000円から支援可能です。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
10月4日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Sunslice」の「Photon」は、クレジットカード...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...