「置くだけで充電」では終わらない

SF映画に出てきそうな見た目の白い立方体。その名を「HyperCube」と言う。

ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。

デバイスをまとめて充電

© Reid Covington

私たちの周りは、充電が必要なデバイスであふれている。スマートフォンやワイヤレスイヤホン、ときにはスマートウォッチやモバイルバッテリー……。

これらすべてのために、充電場所を確保するのも大変だ。近頃急増中のワイヤレス充電であれば、置き場所探しはさらに手間である。

そこで、HyperCubeの登場だ。3面がQi規格のワイヤレス充電パッドになっているため、置くだけで充電完了。キューブは展開して平面にできるので、最大3デバイス同時に充電できる。

スマホもイヤホンもスマートウォッチも、全部まとめてフルチャージできてしまう。

© Reid Covington

安眠のための一工夫

HyperCubeの2面は、LED時計とLEDライト。そしてなかにはスピーカーも入っている。

LEDライトはベッド脇のランプ代わりになる。気分に合わせて色や明るさを変えることも可能だ。

内蔵スピーカーには、あなたを眠りに誘う音楽がプリセットされている。心地よい音楽を聞きながら、ぐっすりと眠りにつけるだろう。

朝になったら音とだんだん明るくなるライトで起床時間を知らせてくれる。けたたましいアラームで飛び起きるよりも、ずっと心地よい。

© Reid Covington
© Reid Covington

それだけではありません

HyperCubeには、別売りのベースを取り付け可能だ。ベースには、Bluetooth対応のスピーカーとLEDライト、充電器がついている。 組み合わせれば、「充電器兼スピーカー兼ライト兼アラーム兼安眠デバイス」の完成である。

© Reid Covington

充電器に「さらにこれも!」が続くテレビショッピングさながらのHyperCube。「Indiegogo」であっという間に目標額の1万ドルに到達した(ファンディングは継続中)。

ただの充電器では満足できない!という人は、99ドル(約11,000円)投じてみては?

HyperCube from GGTR on Vimeo.

© Reid Covington
Top photo: © Reid Covington
Reference: Indiegogo
約5,000円から支援可能です。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
「THE NORTH FACE」のキャンペーン「#SHEMOVESMOUNTAINS」のトークセッションは渋谷「THE CORNER」にて。北川道子(スタ...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
「Super Cable」は、防弾チョッキと同じ素材を使っていて、鋼の約5倍の強度があり、2万回以上折り曲げても壊れない、充電ケーブルです。車を引っ張れる...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...