「USB充電器」をビルドインしたキャリーケース。

いま、旅行を楽しむために必要不可欠なアイテムといったら……地図でも、ガイドブックでもなく、やっぱりスマホ。写真や動画も撮れるし、SNS投稿したり、現地の情報だってカンタンに調べがつく。

ゆえに、旅行中のバッテリー切れは死活問題。そんな時代だからこその、うれしいキャリーケースを見つけました。

バッテリー内蔵キャリーケース

見たところ、ごくごくフツーのキャリーケース。でもね、「Away」はビルドインのUSB充電器が付いた旅の味方。コードをバッグに直接繫いで充電することができます。

いくらキャスターが付いていたって、大きな荷物を携えての移動は、ポケットからハンカチひとつ出すことだって億劫なもの。充電バッテリーにつないでおけばそりゃいいかもしれませんが、キャリーケースから直接ならば、こっちの方がスマートでしょ。ただし、落っことさないよう移動中は注意が必要かも。

空港のコンセント争奪戦も回避

ビルドインのUSB充電器へは、プルドライブハンドルの下からアクセス。ハンドルをあげれば、そこに差込口が隠れています。移動中、空港のインターネットラウンジに行くと、コンセント前を死守する人たちがいますが、Awayと一緒ならば、どこでも充電OKってのがいいですよね。

もちろん、ケース外側はポリカーボネート製だからダフでガシガシ使えます。

高機能キャリーケースというと、機能は充実していても見た目はイマイチ、なんてことも少なくありませんが、「Away」はコロンとしたフォルムにポップなカラーと、見た目もとにかくカワイイ。

こういう旅行関連グッズひとつとっても、旅がどんどんスマートになっていくのがわかりますね。

Licensed material used with permission by Away
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。