NY発の人気ブランドが作った「旅行用のメガネ&サングラスケース」

素敵な風景を目に焼き付ける。いつもと違う自分を演出する。旅先のこんなシーンになくてはならないのが、メガネやサングラスといったアイウェア。

「その時々で使い分けたいけど、何本ももっていくのは壊しちゃいそうで不安……」。

そんな人にオススメしたいのが「WARBY PARKER」の「Parker Travel Case」だ。

ニューヨーク発のWARBY PARKERは、スタイリッシュで手に取りやすい価格のメガネやサングラスを多数リリースしている人気のブランド。

そんなブランドが“旅行用”に生み出したケースは、外側がフェイクレザーで覆われており、荷物が詰め込まれたバッグやスーツケースのなかでも中身の破損をしっかりガード。内部はやわらかなポリエステル製で、最大3本まで収納できるコンパートメント仕様だから、レンズやフレームに傷がつく心配もなし。

値段は40ドル(約4400円)だが、お気に入りのメガネやサングラスをしっかり守ってくれるのなら、決して高い買い物ではないのでは?

旅行が趣味のメガネ&サングラスユーザーの旅のお供に、興味があれば、ぜひ。

『WARBY PARKER』

【公式ホームページ】https://www.warbyparker.com/

Top image: © ellismane/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
ドバイにある「IKEA」が、世界を旅した気分になれる「VACATIONS IN A BOX」を販売中。このボックスには、人気の観光地でのティータイムをイメ...
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
世界各地で28万7000本以上を売り上げたという、”腕に巻く” サングラス「SUNFOLD」がクラウドファンディング「CAMPFIRE」で先行予約を受付中。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
8月4日、渋谷の新たなランドマーク「MIYASHITA PARK」に、都内5店舗目となる公園店舗「スターバックス コーヒー MIYASHITA PARK店...
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
60'sのヴィンテージGI GRASSES。鯖江の職人がメンテナンス、調整して現代に蘇らせるプロジェクトです。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
かき氷シロップのように鮮やかなカラーレンズが印象的なサングラス「AURA」。かけるだけで高揚感やリラックスなど、気分が変わるそう。
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
スポーツ用品メーカー「ミズノ」と「中川政七商店」がコラボレーション。工芸品と縁起ものの力で、スポーツの未来にエールを送る!
有人宇宙飛行の商業サービスを目指している宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
〈Zoff〉で売ってるクリーニングクロスです。美味しそうなパッケージにヤラれて購入した、いわゆるジャケ買いアイテムですが、なかなかのスグレモノ。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...