景色が暗くなるどころか、むしろ「色鮮やかに見える」サングラス

普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分をちょっとだけ背伸びさせるのかもしれない。

でも、同時にジレンマもある。当然のことながら、サングラスをかけると、せっかくの異国の風景から「色」が奪われてしまうのだ

そんな悩みを解決し得るのが、この「Tens」。視界が暗くなってしまうどころか、むしろ通常よりも色鮮やかに見えるようになるという。

見えるのは
「インスタ」の世界?

636902546f6f683ea579f93ea7ab4ead837bb9a4D90a7d86bd690007c6a2952b956c6b20dbfa02c2

仕組みは単純明快。レンズに特殊な加工を施すことで、景色をより鮮やかに見せるそうだ。上のイメージ画像を見るかぎりは、その差は一目瞭然。

E76cfc10d90b9dd07a6ec71142cb9fcddcfd1826

通常の景色とTensをかけたときとの違いがコレ。後者の「海と山の色鮮やかさ」は、まるでInstagramで加工処理をしたかのよう。このイメージ画像通りの世界が待っているのなら、大袈裟だけど、かなりエポックメイキングな出来事だと思う。

ちなみに、採用するレンズはUV400とのことなので、本来の「紫外線カット」の役割はちゃんと全うする模様。ただし、偏光レンズではないので、少し眩しいと感じることはあるかもしれない。

好みに合わせて選べる
豊富なデザイン

4a6dfe769f93ff3bcd084ea7301bd314eb1e8eb4Ba4d5f7eeb6f793c68154fa94342a8bb678f48e9E9a8ffa8839f9a0ee577aef1e572b68f39cd942c67e582cd5fb561aa5884d364cfe278f291fc8a9a38dc34ed86ff1b3bd7d285f33189c3c9d3d2896c

現在「Kickstarter」でクラウドファンディング中。期限まで約2週間を残しながら、目標の約6倍となる金額を集めている。価格は60ポンド(約8,300円)〜と意外に手頃な印象。同サイトで注文できるのは上の5種類だが、公式HPを見る限りは、まだ別のデザインもありそうだ。

それにしても、資金調達中にもかかわらず、LOOK BOOKやプロモーションムービーを作り込んでいることに、同ブランドの本気度を感じずにはいられない。いま注文すると、GWには間に合わないが、夏休み前には届く見込み。航空券とあわせてチェックしてみては?

3827a0ca23d997680b8c98c93ae715adff00090eD3b55ae86a08f163911f2c5c6f8e5d8b9752739479ab321dcbd26184e2825213aa1efe87a4d60b6f57c99c7cb0cc4e28833ea0260e933761b5839929
Licensed material used with permission by Tens
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...