サングラスで有名な「オークリー」ですが、じつは......

サーフィンスケートをはじめとするエクストリームスポーツだけでなく、近年ではゴルフラン野球といったシーンでも高い人気を誇るブランド「OAKLEY(オークリー)」

ウェアやシューズ、バッグなど、じつに様々なギアをリリースしているオークリーですが、ブランドのアイコン的なアイテムとして真っ先に思い浮かぶのは「サングラス」に代表されるアイウエアではないでしょうか?

そんな「オークリー」ですが、ブランド創業当時、今では想像もつかないニッチなアイテムの専門メーカーだったことを知っていますか?

「オークリー」が作っていたもの──それは、オートバイや自転車のハンドルグリップ

1975年、アメリカで大流行していたモトクロス(オートバイ)のハンドルグリップを製造・販売する会社として立ち上がった「オークリー」ですが、すでにいくつかの人気ブランドが存在していたことから、思うように売り上げを伸ばすことができませんでした。

そんななか、子どもたちの間でブームになりつつあったBMX(自転車)に目をつけて専用のグリップを展開したところ、これが大ヒットを記録

グリップの開発のため、独自素材の研究に力を入れていた「オークリー」は、そのノウハウを活かしてモトクロス(オートバイ、自転車)用のゴーグルをリリースし、シーンにおける認知と人気を不動のものとします。

そして、その後に世界的な規模で巻き起こったスキーブームの際、いち早く専用のゴーグルを市場に投入し、「サングラス&アイウエア=オークリー」というイメージの礎(いしずえ)を築いたのでした。

ちなみに、現在は「オークリー」の表記と読み方で統一されている「OAKLEY」ですが、日本に代理店が存在していなかったころは「オークレイ」と呼ばれており、50代以上の超ベテランのスキーヤーやサーファーのなかにはいまだに「オークレイ」と呼称する人もいて、そんなところからもブランドの長い歴史を感じられたりもします。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
超一流のプロアスリートをはじめ、世界中のさまざまなタフな現場で圧倒的な支持率を誇るアイウエアブランド「OAKLEY(オークリー)」のレンズの強さに迫る実証...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
1990年代のスケートシーンを牽引したアレキサンダー・リー・チャンさん。抱っこ紐を着けたままでもスタイルがバッチリ決まるオススメのコートを紹介してくれました。