ハンマーで叩いても割れない!永久保証のサングラス

サングラスメーカーWilliam Painterは、大手メーカーに対して「彼らは壊れやすい製品を販売している。お客さんをクソみたいに扱っている」と過激なメッセージを投げかけています。

いやいや言い過ぎでしょう……と思ったけれど、同メーカーによるKickstarterのプロジェクトの調達額を見てみると、1100万円以上も支援を受けています。敵を作るかと思いきや、それなりに多くの人が評価している様子です。

William Painterによる件の商品「The Oasis」は、ハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリ。さらに、永久保証が付いてきます。

自分たちが作るサングラスによほどの自信があるみたいですね。日本では「Rakunew」からもプロジェクト支援が可能です。

©The Oasis
©The Oasis
©The Oasis
©The Oasis
Top image: © The Oasis
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
ガラスファイバーと樹脂を掛け合わせた、割れない食器「ARAS」。生涯破損保証付き。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
世界各地で28万7000本以上を売り上げたという、”腕に巻く” サングラス「SUNFOLD」がクラウドファンディング「CAMPFIRE」で先行予約を受付中。
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
かき氷シロップのように鮮やかなカラーレンズが印象的なサングラス「AURA」。かけるだけで高揚感やリラックスなど、気分が変わるそう。
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...