「アジア顔」に特化したサングラス

信号が赤になりそうなときに、ちょっと走っただけでも鼻からズレ落ちてくる。頭にフィットしていなくて、夕方くらいにこめかみ辺りが痛くなってくる。たくさん笑ったあとに外してみると、フレームにメイクがついている。

日本に暮らしている多くの人が、サングラスをかけると同じような体験をしているのではないでしょうか。些細なことかもしれないけど、なんども経験すると少しイラっとしてしまいます。

こんな悩みを解消したサングラス「Covry」の紹介です。

頬にあたらない
鼻からズレ落ちない

© Covry

Athina WangさんとFlorence Shinさんは先の悩みの原因がサングラスのデザインされた場所にあると考えました。

欧米で作られたものはアジア系の顔立ちに合わないケースがある。

理想のサングラスになかなか出会えなかった経験から、彼女たちは約2年を費やして「Covry」を開発しました。

鼻のパッドを従来よりも長くしブリッジを狭くすることでズレ落ちを軽減。また、レンズの湾曲を少なくしサングラスを鼻筋の上部に固定して、目とサングラスの間に十分なスペースを作り出し、笑っても頬がフレームにつかないように改善しました。

顔の輪郭に合わせた
フレームデザイン

© Covry
© Covry

「顔立ちの違いに悩むことなくファッションを楽しみたい」

女性2人の思いから誕生したサングラス。悩みを抱えている人は、チェックしてみてもいいかもしれません。

Licensed material used with permission by Covry(HP), (Instagram)
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
Snapはカメラ内蔵サングラス「Spectacles 3」の最新バージョンを今秋にもリリースすると発表し、米国内では早くも予約が開始された。洗練されたデザ...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
3月1日から、オーストラリアのクイーンズランド州で自動車のナンバープレートに「絵文字」を使用することができるようになります。使用可能な絵文字は全5種類。す...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。