世界初。麻から作った「ヘンプ・サングラス」が味わい深い

サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、なんと「麻」。

ひとつずつ手作りされた
麻の「繊維フレーム」

麻を意味する「hemp」というこのサングラス、フレーム部分は麻の繊維を固めたものでできています。近くに寄ってみると、繊維の様子がわかりますね。ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで作られていて、味わい深いのが特徴的。

じつは強度も高い
繊維のチカラ

それにしても、なぜ麻?というところですよね。

麻は痩せた土地でもよく育ち、生育のスピードが早いことで知られています。その速度、なんと4ヶ月で2.5mに達するほど。しかも成長の過程で大量の二酸化炭素を消費するので、地球に優しく、多くの面で見直されている植物のひとつ。

環境への配慮を考えると、最適な材料の選択というわけですね。

とくに強度面も注目したいところで、樹脂のなかに繊維を入れる手法は、軽さを保ったままで強度が出せるので、自動車をはじめとした乗り物などにもよく使われているんです。

実際にこの技術を使って、麻でできた電動スクーターも開発されているほど。

約1万5,000円で
環境に優しいものを

デザインは3種類。クラブマスター風の「Crosby」、ウェイファーラー風の「Dean」、アビエイター風の「Byrd」というラインナップ。

サステイナブルで、環境に負荷もかけずに育ってくれる「麻」で作った世界で初めてのサングラス。どれもクラシックな定番デザインなので、カジュアルな格好なら意外と何にでも合いそうです。

ナチュラルなサングラスを求めていたあなたへ、気になる値段は125£(約15,000円)と、ブランドものと比べればお手頃。日本にも発送してくれるようですよ。

Licensed material used with permission by Hemp Eyewear
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
あれば何かと重宝するこのタレですが、1回のバーベキューでは使い切れず、持ち帰って冷蔵庫で眠らせたまま。心当たりある人は読んでみて。
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
Johnson & Johnsonが先日発表した「ACUVUE OASYS with Transitions」は、UVカットとブルーライトカットの機能があ...