世界初。麻から作った「ヘンプ・サングラス」が味わい深い

サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、なんと「麻」。

ひとつずつ手作りされた
麻の「繊維フレーム」

5a8d39f2d9799d4a0a784214f5163e106ae646598d437ae83e0fc72424f48a2170e8f66faf89d821

麻を意味する「hemp」というこのサングラス、フレーム部分は麻の繊維を固めたものでできています。近くに寄ってみると、繊維の様子がわかりますね。ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで作られていて、味わい深いのが特徴的。

じつは強度も高い
繊維のチカラ

B299426c76281ea65c6bcffd47374ad78663745b

それにしても、なぜ麻?というところですよね。

麻は痩せた土地でもよく育ち、生育のスピードが早いことで知られています。その速度、なんと4ヶ月で2.5mに達するほど。しかも成長の過程で大量の二酸化炭素を消費するので、地球に優しく、多くの面で見直されている植物のひとつ。

環境への配慮を考えると、最適な材料の選択というわけですね。

F3abd7eeb92b28a1928ed3708e84f331dd627baf

とくに強度面も注目したいところで、樹脂のなかに繊維を入れる手法は、軽さを保ったままで強度が出せるので、自動車をはじめとした乗り物などにもよく使われているんです。

実際にこの技術を使って、麻でできた電動スクーターも開発されているほど。

約1万5,000円で
環境に優しいものを

A5b87bf7295cd64c951ace101f4a1dbff57ae9a5

デザインは3種類。クラブマスター風の「Crosby」、ウェイファーラー風の「Dean」、アビエイター風の「Byrd」というラインナップ。

Bf491f25446f02835b0d377bd657bdda235d9381

サステイナブルで、環境に負荷もかけずに育ってくれる「麻」で作った世界で初めてのサングラス。どれもクラシックな定番デザインなので、カジュアルな格好なら意外と何にでも合いそうです。

ナチュラルなサングラスを求めていたあなたへ、気になる値段は125£(約15,000円)と、ブランドものと比べればお手頃。日本にも発送してくれるようですよ。

Licensed material used with permission by Hemp Eyewear
頬がフレームにあたる…鼻からズレ落ちる…サングラスを使っていて、こんなイライラありますよね。夏も近いということで、このイライラをすべて解消した新商品「Co...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
「The Oasis」はハンマーで叩いても割れないレンズに、ナイフで削ろうとしても傷がつかないフレームがウリのようです。
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...