麻辣湯が人気の「本屋」!?今ソウルで一番ヒップなのは「ウルチロ3街」だ

明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。元々は印刷所などの多いエリアで、ブルーカラーが集まる飲み屋街だった。ところが、経営破綻により廃墟ビルが増え、今は閑散としている。

そんなところに目をつけたのが次世代を担う若者だ。格安でバーやカフェをオープンできるため、自分たちのやりたいことを好きにやっている。「HIPチロ」と呼ばれるだけあり、めちゃくちゃクールなのだ!

まだ日本ではあまり紹介されていないが、ソウルの最前線はここにある──。

今回は紹介するのは「行く前によくリサーチをしておくべき3軒」だ。

줄리아】

入り口には大きく「BOOK」の文字。でも、ここはチャイニーズビストロだ。中に入ると、エレクトロスウィングが流れていて、少し大きな声で話しても大丈夫な雰囲気。

店員さんのオススメは、韓国風にアレンジされた麻辣湯。トウガラシと山椒のダブルで口を刺激され、体が熱くなる。そして、どんどん汗が出る。

流行に敏感な若者たちは、この次に「感覚の帝国」というバーに行って、踊りを楽しむのが定番だという。

チャイニーズビストロからのダンスなんて、やってみたくなっちゃうじゃないか。

 

 

을지식당】

違う記事で紹介した「을지싸롱」のオーナー、チョ・ソクボンさんが経営していたのがこちらのレストラン。

ビルの外に小さな看板が立てかけてあったら、営業中。

お店に入ると、店員さんに「来るときにInstagramでDMをするか、電話をするのが決まりなんです」と言われた……。でも、食事をしたいと伝えると、「わかった、いいよ」とのこと。意外とあっさり。それじゃ、意味ないじゃん! 嬉しいけどさ。

しばらくしてから来店したカップルも、全く同じことを言われていた。全然浸透していないカルチャーみたい。ま、この入りにくさもHIPチロならではのこと。

そんなレストランだけど、おもてなしは超一流。監視カメラがあるんじゃないか?と思うくらいにバッチリなタイミングで、テーブルに来てくれる。

 

 

Hwadam / 화담 / 和談】

取材前のリサーチで一番気になっていたバー。ブロック塀がお店の入り口になっている。やっすい表現だけど、スパイ映画に出てきそう。

実際に行ってみると誰もいない。店員さんもいない。5分くらい突っ立っていると、お兄さんが来て、「今日はもう閉めちゃった!」と一言。時計を見ると22時くらい。Instagramには24時までやっていると書いてあったのに……。

でも、お兄さんは優しかった。「僕は帰るけど、撮影は好きにやっていいよ。ドアは開けっ放しにしておいてね」と言ってくれた。セキュリティの甘さを感じるけど、あの人がいるなら、また行ってみたいな。

 

 

もっとウルチロを知りたい!
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
7月4日から配信されるNetflixオリジナル・シリーズ『ストレンジャー・シングス』シーズン3。そのプロモーションの一環として、ソウルでは脱出ゲームを体験...
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
半年間だけ韓国のソウルに住んでいた。日本に似ているんだけど、やっぱり外国なんだなって思うことがしばしば。ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪し...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...