ソウルの流行発信地「ウルチロ3街」にある「穴場カフェ」3選

明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。元々は印刷所などの多いエリアで、ブルーカラーが集まる飲み屋街だった。ところが、経営破綻により廃墟ビルが増え、今は閑散としている。

そんなところに目をつけたのが次世代を担う若者だ。格安でバーやカフェをオープンできるため、自分たちのやりたいことを好きにやっている。「HIPチロ」と呼ばれるだけあり、めちゃくちゃクールなのだ!

まだ日本ではあまり紹介されていないが、ソウルの最前線はここにある──。

今回は紹介するのは「今もっともヒップな飲屋街にあるカフェ3軒」だ。

Ace four club】

“インスタ映え”するからカフェに行くという人がいる。「Ace four club」は、そっちの人向けじゃない。シャッター音でさえも迷惑になるんじゃないか?と感じるほど、みんなが静かにお酒を嗜んでいる。

深夜まで営業しているけど、お昼から夕方にかけてはカフェ営業。ランチ後に足を運ぶのがオススメ。

店内にはブラウン管のテレビが置いてあったりと、どこか懐かしさを感じられる。これが今韓国で流行っているニュートロなのか? 最後にはお土産としてマッチをくれた。ステッカーではなくマッチというところが、ちょっとニクい。

 

 

4F cafe】

「HIPチロ」がどんなものなのか?と感じたいなら、「4F cafe」。

店内は印刷工場だったことがいかされていて、使われなくなった印刷機がドンと身を構えてる。ただのスペースのムダ使いだけど、それがイイ。路地裏にあるから一般の人が見つけにくいこともあり、芸能人がよく出入りしているという。

看板メニューは、エスプレッソと氷と砂糖をシェイクして作るシェケラート。それを片手に4階のテラスから現役の印刷所や鉄工所を見下ろしたら、もう「HIPチロ」マスターだ。

ちなみに、ここだけはウルチロ3街から徒歩10分のウルチロ5街にある。

 

 

【After jerk Off】

今回の取材で足を運んだのは合計15軒。その中で一番入りにくかったのが「After Jerk Off」。

1階と2階は、BTSのメンバーも愛用しているファッションブランド「AJO AJOBYAJO」のショールーム。その横にある階段で4階まで上がると、下半身裸の男性が立っている写真が目に入ってくる。カフェにお客さんを呼び寄せる気は全くない。

カフェの中では大音量のアンビエントノイズが流されていて、いたるところに仏像……。目が痛くなるような赤いネオンも印象的。そんな空間だけど、意外と女の子が多かった。

頼んだのはコーヒー。一口飲んでビックリ。しょっぱい(ウマい)!

 

 

明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
7月4日から配信されるNetflixオリジナル・シリーズ『ストレンジャー・シングス』シーズン3。そのプロモーションの一環として、ソウルでは脱出ゲームを体験...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
雑誌『Hanako』が監修するアイスバーの第3弾は「バナナジュース」がテーマ。全国のファミリーマートで4/7より先行販売。
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
注目度大のプロダクト「AM-9500」は、高性能ファンを内蔵し、呼吸時の息苦しさを解消する斬新な呼吸保護具だ。
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
半年間だけ韓国のソウルに住んでいた。日本に似ているんだけど、やっぱり外国なんだなって思うことがしばしば。ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪し...
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...