今ウルチロ3街で「最高にヒップなバー」は、この3軒だ!

明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。元々は印刷所などの多いエリアで、ブルーカラーが集まる飲み屋街だった。ところが、経営破綻により廃墟ビルが増え、今は閑散としている。

そんなところに目をつけたのが次世代を担う若者だ。格安でバーやカフェをオープンできるため、自分たちのやりたいことを好きにやっている。「HIPチロ」とも呼ばれ、めちゃくちゃクールなのだ!

まだ日本ではあまり紹介されていないが、ソウルの最前線はここにある──。

今回は紹介するのは「これぞHIPチロ!な3軒」だ。

【1/10  십분의일】

店名の「1/10」は、10人のクリエイターがオープンしたことから。彼らが作業している真横でワインを楽しめる……ってことはないけど、資料が散乱している作業場でお酒を飲むのは新鮮だ。

外観からは想像できないくらいに店内が明るく、アップテンポな音楽が流れていて、会話がよく弾む。お酒の味を楽しむというよりは、雰囲気を楽しむくらいがちょうどいい。お客さんの8割は若い女の子で、その理由もなんとなく分かる。

ただし、バーの目の前にある道が小さすぎてマップに表示されないため、実際に足を運ぶ時は要注意。

 

 

【취향로3가】

雨が降る水曜日の20時頃でも、2フロアあるこのバーは満席になる。キャンドルが灯されているだけの上階は雰囲気がいいけど、そこに通されるかどうかは運次第。店員さんは「平日でも19時〜21時くらいは混むんですよね」と言うので、少し時間をズラして行くのがオススメ。

下階はおばあちゃんの家のリビングっぽい。古臭いのではなく、ホッとする感じ。提供されているアルコールはトレンドを感じるカクテルばかり。このギャップがGOOD。

中でもキューカンバージントニックが人気だそうで、オーダーしてみると後味がすっきりしていて、何杯でもいける。ワイワイ盛り上がる、というよりも、会話を楽しみながらゆったりと過ごしたいお店だ。

 

 

【Bar 302호】

お店の中は「コ」の字型のカウンターになっていて、隣の人とのスペースはほとんどない(……から、写真がほとんど撮れなかった)。知らない人の隣になるのはちょっと気がひけるけど、この密着度はデートにピッタリ。

10人ちょっとしかお客さんが入れない店内には、バーテンダーが4人もいる。彼らとのコミュニケーションを楽しみにきている人が多いようだ。狭い空間でいくつもの会話が飛び交う。

青い炎で燃えるチーズ(?)が看板メニューのようだけど、みんなが頼むので、すぐに売り切れてしまうとのこと。

ちなみに、同じビルの4階に和風バーがあり、そちらも「HIPチロ」として有名なので、ぜひ2軒目として足を運んでほしい。

 

 

明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十五回のテーマは「出会いと別れ」です。
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
7月4日から配信されるNetflixオリジナル・シリーズ『ストレンジャー・シングス』シーズン3。そのプロモーションの一環として、ソウルでは脱出ゲームを体験...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
名鉄の電車の音より「1/fゆらぎ」を詰め込んだリラックスミュージック「Rail Yell」。がんばる受験生に向けた鉄道会社からのエールです。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
去年11月にオープンしてから、ヒップなニューヨーカーのたまり場となっている「The Water Tower」。窓からは、マンハッタンとブルックリンの両方を...
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。