どれだけ混雑した場所でも「100%待ち合わせできるアプリ」でストレスフリー

「○○の前に集合ね」

呪いの言葉だ。

「着いた」「どこいる?」「駅の前」「改札の前?」「いや、人多いから少し離れたコンビニのところ」

いつも待ち合わせしている場所や人の少ない場所ならいいが、人の多い場所や普段行かない場所だと必ずスマホを取り出してもうひと手間かけることになる。

ランドマークのない公園やイベント会場周辺はもっとカオスだ。

ディズニーランド、代々木公園の花見、音楽フェス──。「海浜幕張駅の外」「シンデレラ城の前」がいったいどれだけ広いと思ってる。

海外で待ち合わせしようものなら、住所は読めないし人には聞きづらいしの二重苦が待っている。相手が旅行者でネットを使えない時なんて、待ち合わせに小1時間かかることもあって心臓に悪い。

もう、この3m四方から動かない。

こんな悩みが解決される賢いアプリが「what3words」。一言でいえば地図アプリだ。

地球を3m四方の正方形に区切り、それぞれにランダムな単語3つを組み合わせた地名をつけるという独自のシステムを採用している。

たとえば、渋谷ハチ公前なら「fury.master.tank」。3mごとに違う単語の組み合わせが割り当てられるので、同じハチ公前でも少しだけ離れた緑の電車の側なら「inserted.tester.rinsed」になる。単語はランダムで、特に意味はない。

このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。

海外で紛らわしい地名が2つあっても、確実に「ここ!」と指定可能。待ち合わせ時、もう私は3メートル四方から動かない。

今あなたが、上の写真で白線が示す場所にいるとする。

これまでは、「ニューヨーク、セントラル・パークの池の前」とだけ伝えて、電話で補足していたはずだ。

でもこれからは、「icons.gave.solved」で、ストレスなく会えるというわけ。

きっかけはライブ機材の運搬ミス

共同創業者のひとり、クリス・シェルドリックは長く音楽業界で働いていた。当時、頭を悩ませていたのが、なかなか予定通りに進まないライブ機材の運搬だったという。

運送の途中で道に迷う。着いたと思ったのが別の場所。イタリアでは、ローマから北へ1時間のところに届くはずの荷物が、南へ1時間のところに届けられたこともあったらしい。

紛らわしい住所に代わって、正確に「ここ」と示せるシステムがほしい。でも、数字で示されるGPS座標は複雑すぎる。そう考えた彼は、友人の数学者と一緒に地球を3m×3mの57兆のグリッドにわけ、単語を割り当てる方法を考えたのだ。

あのメルセデス・ベンツも導入

このアイデアは、ライブ機材の運搬以外にも広く活用できた。

たとえば、住所を持たず遊牧民として暮らす人も多いモンゴルでは、国営の郵便サービス「Mongol Post」がwhat3wordsの採用を決めた。このおかげで、遊牧民は何キロも離れた私書箱に郵便物を取りにいかなくて済む。

また、カリブ海に浮かぶセント・マーチン島では、ドミノ・ピザがその恩恵を受けた。従来の住所システムがカオス化していて、配達にかなり時間がかかっていたというが、住民たちは熱々のピザを食べられるようになったのだ。

さらにこれを活用しようとしているのが自動車業界。メルセデス・ベンツは今春から生産を始める新型「Aクラス」から、カーナビシステムにwhat3wordsを導入するらしい

正確に目的地を指定できるし、音声コントロールができるカーナビなら確かに長い住所よりも入力が簡単そう。

住所の平等を実現するこのシステム、ポテンシャルは無限だ。

Licensed material used with permission by what3words
これから向かおうとしている観光地の混雑状況、気になりますよね?場合によっては、目的地を変更したほうが満足度が高まることだってあるでしょう。でも、それって一...
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教え...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
香港でのデモがきっかけで急成長したサンフランシスコ発のメッセージアプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」。Bluetoothにつなげば、100m以内に...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...