1週間で20万DL 大人もハマる「塗り絵アプリ」がスゴい

大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイル端末で操作できるお手軽感以上に、まるで画用紙に描いているかのような“リアルさ”が人気の秘訣です。


塗りだしたら止まらない!?
大人専用の塗り絵アプリ

F42ef9211bdd44cf36dbc35305dc1fdec4800148

開発者があえて、“大人のための塗り絵アプリ”と称す「Pigiment」。2015年暮れにリリースされ、1週間も経たないうちに20万ダウンロードを突破したんだとか。
インターフェースが紙からアプリに変わっただけで、基本的には塗り絵本と、一切変わりはありません。でも、ダウンロードさえすれば、いつでもどこでも塗り絵がさくさく楽しめる。更に、そのクオリティも想像以上なんです。

5d77ce3b2786920c752fe97f3b68db1d0be3e902

Pigmentには植物や動物、さらには幾何学模様など、現時点では200以上のモチーフが用意されています。当然、アップデートするごとに今後もどんどん増えていくことでしょう。

さて、好みのモチーフを選んだ後は、色鉛筆、マーカー、ペイントブラシ、エアブラシなど8種類の着色ツールから選択。キュレーションパレットから選択できる色は無制限。濃淡をつけることもできるようです。塗り絵ブック以上に無限の広がりがありそう。

スタライズペンで
リアルな質感を再現できる

94aea361afee5b27ac8c36200ff81c4d5daa755f043582f8a76beba88e53fb04cc31b6bd3f850b99

では、実際デバイス上にどうやって色を着けていくか?もちろん指でもOKですが、ここは、Apple Pencilやタッチパネル用のスタイラスペンでいきたいところ。やっぱり、塗っている感を味わいたいですからね。
ちなみに、3D Touchにも対応しているというから、筆圧による色の濃淡まで再現してくれるようです。ね、スゴいでしょ?

イライラが爆発する前に
塗り絵でストレス解消!

061c19f7dd2e7502f0c482915273f6b336caa500

指2本を使ってピンチイン、アウトすれば、細部に寄ったり全体を俯瞰して観ることもできます。できあがった作品は、収納ファイル「My Work」でどんどんコレクションしていけるので、塗った作品を貯めていくのも楽しみのひとつ。

仕事中でも移動中でも、時間を見つけてちょこっと塗ったり、ストレスやイライラが爆発しそうになったら、アプリを開いてささっと塗り絵なんて使い方も◎。「大人のための塗り絵アプリ」って、つまりそういう使い方ができるからでは?

さっそく試してみたい!という人は、こちらからダウンロードを。没頭すること請け合いですよ。

Reference:iMore
Licensed material used with permission by PIXITE
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
現在、海外で大ブームになっているハンドスピナー。人気の秘密は、ただ回すだけでリフレッシュやストレス解消ができる点。故に、日本でも地味にハマる人が増えてきつ...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
海外旅行で神経質になりがちな両替所探し。そのストレスを、「Get4x」がキレイサッパリ解消してくれるかもしれません。使いかたはカンタン。交換したい2種類の...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...