1週間で20万DL 大人もハマる「塗り絵アプリ」がスゴい

大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイル端末で操作できるお手軽感以上に、まるで画用紙に描いているかのような“リアルさ”が人気の秘訣です。


塗りだしたら止まらない!?
大人専用の塗り絵アプリ

F42ef9211bdd44cf36dbc35305dc1fdec4800148

開発者があえて、“大人のための塗り絵アプリ”と称す「Pigiment」。2015年暮れにリリースされ、1週間も経たないうちに20万ダウンロードを突破したんだとか。
インターフェースが紙からアプリに変わっただけで、基本的には塗り絵本と、一切変わりはありません。でも、ダウンロードさえすれば、いつでもどこでも塗り絵がさくさく楽しめる。更に、そのクオリティも想像以上なんです。

5d77ce3b2786920c752fe97f3b68db1d0be3e902

Pigmentには植物や動物、さらには幾何学模様など、現時点では200以上のモチーフが用意されています。当然、アップデートするごとに今後もどんどん増えていくことでしょう。

さて、好みのモチーフを選んだ後は、色鉛筆、マーカー、ペイントブラシ、エアブラシなど8種類の着色ツールから選択。キュレーションパレットから選択できる色は無制限。濃淡をつけることもできるようです。塗り絵ブック以上に無限の広がりがありそう。

スタライズペンで
リアルな質感を再現できる

94aea361afee5b27ac8c36200ff81c4d5daa755f043582f8a76beba88e53fb04cc31b6bd3f850b99

では、実際デバイス上にどうやって色を着けていくか?もちろん指でもOKですが、ここは、Apple Pencilやタッチパネル用のスタイラスペンでいきたいところ。やっぱり、塗っている感を味わいたいですからね。
ちなみに、3D Touchにも対応しているというから、筆圧による色の濃淡まで再現してくれるようです。ね、スゴいでしょ?

イライラが爆発する前に
塗り絵でストレス解消!

061c19f7dd2e7502f0c482915273f6b336caa500

指2本を使ってピンチイン、アウトすれば、細部に寄ったり全体を俯瞰して観ることもできます。できあがった作品は、収納ファイル「My Work」でどんどんコレクションしていけるので、塗った作品を貯めていくのも楽しみのひとつ。

仕事中でも移動中でも、時間を見つけてちょこっと塗ったり、ストレスやイライラが爆発しそうになったら、アプリを開いてささっと塗り絵なんて使い方も◎。「大人のための塗り絵アプリ」って、つまりそういう使い方ができるからでは?

さっそく試してみたい!という人は、こちらからダウンロードを。没頭すること請け合いですよ。

Reference:iMore
Licensed material used with permission by PIXITE
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
現在、海外で大ブームになっているハンドスピナー。人気の秘密は、ただ回すだけでリフレッシュやストレス解消ができる点。故に、日本でも地味にハマる人が増えてきつ...
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...