1週間で20万DL 大人もハマる「塗り絵アプリ」がスゴい

大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイル端末で操作できるお手軽感以上に、まるで画用紙に描いているかのような“リアルさ”が人気の秘訣です。


塗りだしたら止まらない!?
大人専用の塗り絵アプリ

開発者があえて、“大人のための塗り絵アプリ”と称す「Pigiment」。2015年暮れにリリースされ、1週間も経たないうちに20万ダウンロードを突破したんだとか。
インターフェースが紙からアプリに変わっただけで、基本的には塗り絵本と、一切変わりはありません。でも、ダウンロードさえすれば、いつでもどこでも塗り絵がさくさく楽しめる。更に、そのクオリティも想像以上なんです。

Pigmentには植物や動物、さらには幾何学模様など、現時点では200以上のモチーフが用意されています。当然、アップデートするごとに今後もどんどん増えていくことでしょう。

さて、好みのモチーフを選んだ後は、色鉛筆、マーカー、ペイントブラシ、エアブラシなど8種類の着色ツールから選択。キュレーションパレットから選択できる色は無制限。濃淡をつけることもできるようです。塗り絵ブック以上に無限の広がりがありそう。

スタライズペンで
リアルな質感を再現できる

では、実際デバイス上にどうやって色を着けていくか?もちろん指でもOKですが、ここは、Apple Pencilやタッチパネル用のスタイラスペンでいきたいところ。やっぱり、塗っている感を味わいたいですからね。
ちなみに、3D Touchにも対応しているというから、筆圧による色の濃淡まで再現してくれるようです。ね、スゴいでしょ?

イライラが爆発する前に
塗り絵でストレス解消!

指2本を使ってピンチイン、アウトすれば、細部に寄ったり全体を俯瞰して観ることもできます。できあがった作品は、収納ファイル「My Work」でどんどんコレクションしていけるので、塗った作品を貯めていくのも楽しみのひとつ。

仕事中でも移動中でも、時間を見つけてちょこっと塗ったり、ストレスやイライラが爆発しそうになったら、アプリを開いてささっと塗り絵なんて使い方も◎。「大人のための塗り絵アプリ」って、つまりそういう使い方ができるからでは?

さっそく試してみたい!という人は、こちらからダウンロードを。没頭すること請け合いですよ。

Reference:iMore
Licensed material used with permission by PIXITE
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
4月1日、独自のテクノロジーで極上の履き心地を実現する「HOKA ONE ONE」から、ブランド初となるマウンテンサンダル「HOPARA(ホパラ)」が新発売。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
イェール大学で人気の心理学講座が無料で受講可能に。オンライン教育サービス「Coursera」に登場した本講義では、心身の幸せを保つ秘訣を体系的に学べる。
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...