浮世絵と猫で江戸にタイムスリップ。大人の塗り絵④『国芳ぬりえワンダーランド』

雨が降っていたり、暑さがしんどかったり、理由はいろいろだけど、出かけるのは億劫だなぁ〜。なーんて休日は、「大人の塗り絵」がおすすめ。

地味な遊びだな〜と思いきや、大人の塗り絵には、子どもたちが楽しむ塗り絵よりも「下絵」が複雑で繊細なものが多く、テーマも「建築」や「浮世絵」、「ホラー」など大人がより楽しめるラインナップが揃っているのだ。

しかも、ストレス解消になったり、自律神経が整ったりと、ただ暇つぶしになるだけじゃなくて、心と体にいい効果をもたらしてくれるんだと聞けば、試さないわけにはいかない。

そんなワケで今回も、おすすめの大人の塗り絵をご紹介。

四冊目のテーマは、「浮世絵」。

なんでこんなに
「猫」が出てくるんだ?

©iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD

歌川国芳といえば、江戸時代後半に活躍した浮世絵師。そんな彼の作品が詰まった一冊なのだから、当然浮世絵好きの人におすすめ……と言いたいところだが、じつは「猫好き」の人にはもっとおすすめしたい。

国芳は、無類の猫好きだったのだ。たくさんの猫と暮らし、懐に子猫を入れながら絵を書いていたという話もあって、本を開くまでわからなかったのだが、作品の中にも猫がそこかしこに登場する。東海道五十三次の宿場町でさえ、猫の姿で表現してしまう。

もちろん他にも妖怪や歴史物、謎かけ遊びのような不思議な絵など、浮世絵の常識をひっくり返すような作品ばかりで、眺めているだけでも楽しい。

実際塗ってみると、浮世絵は想像以上に塗りやすいなぁ!と感動する。

木版画の技法上、限られた線と色でさまざまな表現が工夫されている浮世絵は、じつは塗り絵のモチーフにはぴったりなのだとか。

©iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD
『国芳ぬりえワンダーランド』(小学館)
Top image: © iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD

関連する記事

ブーム再燃中!ストレス解消もできて自律神経も整うという一石二鳥の暇つぶし「大人の塗り絵」を紹介。厳選1冊目は猫や様々な生き物が登場する「にゃんコロリアージ...
「大人の塗り絵」が、おうちで楽しめる趣味として人気が再燃。ストレス解消や自律神経の調整にもいいとされるなど人気の理由を掘り下げる他、ホラー、数学、民族衣装...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
ストレス解消や自律神経の調整にもいい「大人の塗り絵」が今、再ブーム。中でも気になる7冊を紹介。「民族衣装のぬり絵ブック」は、世界各国の民族衣装を彩りながら...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
天候にも左右されず、おうち時間にストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「海の楽園」は、ジ...
おうちで楽しめる趣味として、人気が再燃している「大人の塗り絵」の中から、気になる7冊を紹介。「世界一美しい 数学塗り絵」は、ボロノイ図、フラクタル、多面体...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...